第411回:【Movie】「万博でもいい、たくましく育ってほしい」!?
大矢アキオのミラノエキスポ訪問記

2015.08.14 エッセイ

食の博覧会

イタリアのミラノでは、2015年5月1日から2015年10月31日までミラノ国際博覧会(ミラノエキスポ)が開催されている。テーマは「地球に食料を、生命にエネルギーを」で、万博史上初めて「食」に焦点を当てている。
会場面積は1.1平方キロメートルで、東京ドームに換算すると約23個分である。参加している国と地域・国際機関は148にのぼる。

食の万博と聞いて、懐かしいハムのCMを思い出し「万博でもいい、たくましく育ってほしい」なとど、くだらないギャグを思いついた。
それはともかく、各国のパビリオンのほとんどには、郷土料理の軽食やお持ち帰りコーナーがある。しかし大抵の品は量が少なめなうえ、一品10ユーロ(およそ1400円)前後もする。容器も多くが紙やプラスチック皿で味気ない。
ちゃんとした食堂も併設されていたりするものの、いきなり数千円コースに跳ね上がるのに加え、今度はボリュームがありすぎて満腹になり、ほかのパビリオンで食べられなくなってしまう。予約推奨の店も多く、限られた時間でまわる足かせになる。

いっぽうイタリア人来場者の多くはといえば、いつものようにパスタ料理などを食べたあと、コーヒー会社が企業出展したバールで、いつものように食後のエスプレッソコーヒーを傾けている。それを見て「せっかくいろいろな国の料理が味わえる機会なのに、なんだかねえ」と笑ってしまったボクだが、派手なパビリオンに隠れているCO-OP(コープ)、つまりイタリアの生活協同組合のパビリオンを訪ねたときのことである。館内の片隅にドーナツを発見した。日本円にして200円前後。安い・早い・うまい。気がつけば、前述のイタリア人と同様、日ごろ食べ慣れた味に安らぎを求めていた節操のない筆者であった。

ミラノ国際博覧会のゲート。6カ月にわたる会期中に2000万人の来場者を見込んでいる。
ミラノ国際博覧会のゲート。6カ月にわたる会期中に2000万人の来場者を見込んでいる。
イタリア館とは別に設けられたイタリアワイン館(写真右)。
イタリア館とは別に設けられたイタリアワイン館(写真右)。
チョコレートを使ったレシピの屋外デモンストレーション。
チョコレートを使ったレシピの屋外デモンストレーション。
スペイン館の前にて。
スペイン館の前にて。
某国パビリオンの簡易食堂で。カレーを食べようとしたら、フォーク&ナイフの先が熱で一瞬にして曲がってしまった。伝説の超能力者ユリ・ゲラーを思いだした。
某国パビリオンの簡易食堂で。カレーを食べようとしたら、フォーク&ナイフの先が熱で一瞬にして曲がってしまった。伝説の超能力者ユリ・ゲラーを思いだした。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。