第310回:旧来の価値観を“越える”クロスオーバー
「マツダ越 KOERU」のチーフデザイナーに聞く

2015.09.18 エッセイ
クロスオーバーのコンセプトモデル「マツダ越 KOERU」。
クロスオーバーのコンセプトモデル「マツダ越 KOERU」。

マツダはフランクフルトモーターショー(開催期間:9月15日~27日、一般公開は9月19日から)でクロスオーバーのコンセプトモデル「マツダ越 KOERU」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、チーフデザイナーの小泉 巌氏に聞いた。

野生動物のような力強い生命感に加え、研ぎ澄まされた品格を表現することにより、「魂動」表現の進化が図られている。
野生動物のような力強い生命感に加え、研ぎ澄まされた品格を表現することにより、「魂動」表現の進化が図られている。
「越 KOERU」という車名には、「既存の概念や枠組みを“越える”価値を提供したい」というマツダの思いが込められている。
「越 KOERU」という車名には、「既存の概念や枠組みを“越える”価値を提供したい」というマツダの思いが込められている。
「越 KOERU」はエクステリアデザインを世に問うためのショーカーだが、SKYACTIV技術や、先進安全技術のi-ACTIVSENSE、カーコネクティビティーシステムのMazda Connectの搭載を想定して製作されている。
「越 KOERU」はエクステリアデザインを世に問うためのショーカーだが、SKYACTIV技術や、先進安全技術のi-ACTIVSENSE、カーコネクティビティーシステムのMazda Connectの搭載を想定して製作されている。

ボディーサイズは「CX-5」を上回る

フランクフルトショーでお披露目されたマツダのクロスオーバーコンセプトモデル、越 KOERU。「CX-5」に始まった同社の新世代商品群に貫かれるデザインテーマ「魂動」がこのクルマにも採用されていることがひと目でわかる、シャープかつ有機的なデザインだ。ここのところマツダがコミュニケーションカラーとして用いるソウルレッドに塗装されているようにも見えるが、聞けば、ショーカーということで、ソウルレッドをベースにしながらも、ひと味異なる赤に塗装されているという。

「CX-3」に似ているなというのが第一印象。黒く縁取りされたホイールアーチ、天地に薄いチョップド風のウィンドウグラフィックなどに共通するものを感じる。そして何より水平基調のフロントグリル両端がそのままヘッドランプにつながる「シグネチャーウイング」がこのクルマでも力強く表現されている。

サイズは、全長×全幅×全高=4600×1900×1500mm、ホイールベースは2700mm。大ざっぱに言えば、CX-3の同4275×1765×1550mm、および2570mmよりも、CX-5の同4540×1840×1705mm、および2700mmよりも大きい。低めの全高がもたらす車両全体のボリューム感は、意外にもCXシリーズではなく「アクセラ」あたりに近い。

越 KOERUはあくまでショーカーであり、CX-3よりも低い全高やCX-5よりも幅広い全幅などは、仮に市販化されるとすれば見直される可能性が高い。ウィンドウ越しにのぞく限りインテリアもデザインされていたが、あくまでエクステリアデザインのみの展示であり、ドアは開かない。とはいえ、現在のマツダがもつガソリン、ディーゼル、ハイブリッドのいずれのパワートレインをも搭載を想定してデザインされているとのことで、ショーカーといえどもブースを彩るためだけの存在ではないようだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ