東京モーターショー2015

FFベースに生まれ変わった新型エスクードが登場【東京モーターショー2015】

2015.09.30 自動車ニュース
「スズキ・エスクード」

【東京モーターショー2015】FFベースに生まれ変わった新型「スズキ・エスクード」登場

スズキは2015年9月30日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)に、コンパクトSUV「エスクード」の新型を出展すると発表した。

 
 

今回出展される新型エスクードは、欧州において既に「ビターラ」の名で販売されているモデル。日本では、2015年10月15日の発売が予定されている。

「伝統的なスズキのSUVデザインを継承した」とされるボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4175×1775×1610mmで、ホイールベースは2500mm。
現行モデル(同4300×1810×1695mm、ホイールベース2640mm)よりもコンパクトでありながら、快適な室内空間と十分な荷室スペースを確保したとアピールされる。

ボディー構造やメカニズムにも変化が見られる。現行型には、ラダーフレームとモノコックボディーを一体化させた「ビルトインラダーフレーム構造」が採用されているが、新型はモノコックボディーになる。さらに、エンジン縦置きのFRベースから、横置きのFFベースへと変わる。

パワーユニットは、1.6リッターの直4エンジン。新開発の6段ATと4つの走行モード切り替え機能を持つ電子制御4WDシステム「ALLGLIP」を介して、4輪を駆動する。

ミリ波レーダーを用いた衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートII」や、「アダプティブクルーズコントロール」などの運転支援システムもセリングポイントとなっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。