東京モーターショー2015

マツダがロータリーのFRスポーツカーを発表【東京モーターショー2015】

2015.10.29 自動車ニュース
「マツダRX-VISION」

【東京モーターショー2015】マツダがロータリーのコンセプトカー「RX-VISION」を発表

マツダは、2015年10月28日に開幕した第44回東京モーターショーにおいて、ロータリーエンジンを搭載するFRスポーツカーのコンセプトモデル「RX-VISION」を世界初公開した。

国内外の報道陣で大盛況となったマツダブース。「RX-VISION」の姿があらわになるや、フラッシュの嵐。
「RX-VISION」のサイドビュー。ロングノーズショートデッキのスタイリングが特徴的。
「RX-VISION」のリアビュー。
2015年9月のフランクフルトモーターショーで世界初公開されたコンセプトカー「越 KOERU」の姿も。
会場の一角には、ロータリーエンジンを搭載した往年のスポーツカー「コスモスポーツ」も展示されていた。

■“ロータリースポーツ”復活ののろし!?

東京モーターショー2015が開幕して最初にプレスカンファレンスが行われたマツダブースは、たくさんの人でにぎわっていた。その多くのお目当ては、世界初公開となるロータリーエンジン搭載のFRスポーツコンセプトモデルRX-VISIONだろう。

発表に先立ちマツダ代表取締役社長兼CEOの小飼雅道氏は、「ロータリーエンジンがもう一度世の中に受け入れてもらえる日が来る。次世代ロータリーエンジン『SKYACTIV-R』にはまだまだ技術的課題があるが、飽くなき挑戦の精神で、開発を続ける」と述べた。

RX-VISIONは2シーターのFRスポーツカーで、マツダスポーツカーの歴史を凝縮したというスタイリングは、ロングノーズショートデッキに、ロー&ワイドなボディーが特徴。
コンセプトモデルにありがちなけれん味の少ない、シンプルなフォルムを選んだのは、マツダがロータリーエンジンに懸ける意気込みの表れなのかもしれない。
エンジンの詳細なスペックは明らかにされていないが、次世代ロータリーエンジンの開発を続けると小飼社長が明言したことは、ファンにとって朗報だろう。

もう一台のコンセプトカー「越 KOERU」は日本初公開となるモデルで、フランクフルトショーで発表した「既存の概念や枠組みを越える価値を提供したい」というマツダの思いが込められたクロスオーバーSUV。
同車のデザインテーマである「魂動(こどう)」をさらに進化させたというエクステリアに、最新の「スカイアクティブ技術」が組み合わされる。

マツダブースにはこのほか、世界初の2ローター・ロータリーエンジン搭載車「コスモスポーツ」や、「ロードスター」のレース仕様車などが展示されている。

(文=工藤考浩)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。