東京モーターショー2015

メルセデスがVISION TOKYOを世界初公開【東京モーターショー2015】

2015.10.30 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツ ビジョン トーキョー」

【東京モーターショー2015】メルセデスが「VISION TOKYO」を世界初公開

ダイムラーは、2015年10月28日に開幕した第44回東京モーターショーで、ワールドプレミア(世界初公開)となるモノスペースコンセプトカー「VISION TOKYO(ビジョン トーキョー)」を公開した。

左からメルセデス・ベンツのデザイン責任者、ゴードン・ワグナー氏、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長、スマートのアネット・ウィンクラーCEO。
ボディーの左側に大きなガルウイングドアが備わる。ただし、今回展示されているモデルのドアは、実際には開かないようだ。
2015年1月にラスベガスで発表された「F015ラグジュアリー イン モーション」。このモデルも今回展示されている。
「メルセデス・ベンツGLE350d 4MATIC」

■「トーキョー」はクールな未来のメガシティー

猥雑(わいざつ)で過密な東京を未来のメガシティーのひとつの典型と位置付けたメルセデス・ベンツは、東京モーターショー向けに世界初公開のコンセプトモデル、その名もビジョン トーキョーをお披露目した。今年1月にラスベガスで発表された「F015ラグジュアリー イン モーション」と同じく、完全自動運転を前提に未来のモビリティーの可能性を提示したコンセプトカーで、ひとことで言えばF015のワンボックスバージョンである。

説明に立ったメルセデス・ベンツのデザイン責任者、ゴードン・ワグナー氏によれば、ビジョン トーキョーはデジタルネイティブ、つまり生まれた時にはすでにスマートフォンやSNSが当たり前になっていた、ジェネレーションZの若いカスタマーのニーズに応える未来のクルマだという。モノフォルムのボディーには左側(東京用だ!)に大きなガルウイングドアが1枚のみ、室内は周囲にソファが並んだいわば“ラウンジカー”で、運転席さえも折り畳んで格納できるようになっている。中央の空間には3Dホログラムを投影し、それを囲んでまったりクールにおしゃべりを楽しむという趣向である。

いっぽう市販モデルに目を向けると、国内販売台数の落ち込みが続く中、今年9月末までの販売台数およそ5万台で前年比13.2%増と好調なセールスを記録してひとり気を吐くのがメルセデス・ベンツ日本。今年の輸入車ブランドトップの座をほぼ確実にしている同社の上野社長は、同じ舞台でプレミアムSUVである「Mクラス」改め新型「GLE」を発表した。2015年をエンジン革命の年と位置付けるメルセデス日本は、これまでもディーゼルハイブリッドやプラグインハイブリッドなど新型パワートレインを積極的に導入しているが、GLEにも尿素水溶液を噴射するSCR触媒を備えたクリーンディーゼル車を設定、日本はもちろん世界中の排出ガス規制に適合すると胸を張った。これでメルセデスのクリーンディーゼル車は国内最多の11車種をそろえることになった。GLEの価格は「350d 4MATIC」の868万円から。

(文=高平高輝/写真=webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLEの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る