ポルシェジャパン、新型911カレラを発表

2016.02.23 自動車ニュース

東京都内でお披露目された新型「911カレラ」。


	東京都内でお披露目された新型「911カレラ」。

ポルシェジャパン、新型「911カレラ」を発表

ポルシェジャパンは2016年2月23日、3リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載する新型「911カレラ」シリーズを発表した。車両価格は1244万~1813万円。

装備面では、オンラインナビ機能を備える新しいインフォテインメントシステムが標準装備となる(写真は「911カレラ」)。
装備面では、オンラインナビ機能を備える新しいインフォテインメントシステムが標準装備となる(写真は「911カレラ」)。
スポーツクロノパッケージのモードスイッチはステアリングのホーンボタンの右下(時計でいう4時の位置あたり)に付く。
スポーツクロノパッケージのモードスイッチはステアリングのホーンボタンの右下(時計でいう4時の位置あたり)に付く。
テールライトのデザインが変更されたほか、エンジンフードのスリットの向きが縦に改められた(写真は「911カレラ」)。
テールライトのデザインが変更されたほか、エンジンフードのスリットの向きが縦に改められた(写真は「911カレラ」)。
「911カレラSカブリオレ」
「911カレラSカブリオレ」
「911カレラS」
「911カレラS」

■20psパワーアップし、燃費も約12%改善

従来の911シリーズに搭載されていた水平対向6気筒エンジンは「911カレラ」が3.4リッター、「911カレラS」が3.8リッターの、ともに自然吸気だった。それが今回のマイナーチェンジでいずれも3リッターのツインターボに改められた。

これに伴い、両エンジンとも最高出力が20ps、最大トルクが60Nmずつ強化され、911カレラが370psおよび450Nm(45.9kgm)、911カレラSが420psおよび500Nm(51.0kgm)に達した。同時に燃費もモデルによっては約12%改善された。動力性能は911カレラが0-100km/h:4.2秒(PDK仕様、スポーツクロノパッケージ装着車)で最高速が295km/h、911カレラSは順に3.9秒(同)と306km/h。

また、新型は装備内容も充実した。電子制御式可変減衰ダンパーのPASMや、オンラインナビゲーションとボイスコントロール機能を持つPCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステム)が911カレラシリーズ全モデルで標準装備とされたほか、オプションとして新しいモード切り替えスイッチを備えたスポーツクロノパッケージや、アクティブリアアクスルステア(後輪ステア機構。911カレラS向け)などが設定された。

ポルシェジャパンは2015年、前年比25%アップの6690台を登録した。これは過去最高の数字となる。同社の七五三木敏幸(しめぎ としゆき)代表取締役社長は「主力モデルの911が新たに生まれ変わったことで、さらなる販売台数の増加を見込んではいる。しかし、いたずらに販売規模の拡大を目指すのではなく、正規販売ネットワークの力を底上げして顧客の満足度を高めていくなど、今後の飛躍に向けた土台作りに重点を置いていきたい」と語った。

新型911カレラシリーズの車両価格は以下のとおり。

・911カレラ(7MT):1244万円
・911カレラ(7AT):1309万1000円
・911カレラ カブリオレ(7AT):1510万円
・911カレラS(7MT):1519万1000円
・911カレラS(7AT):1584万1000円
・911カレラSカブリオレ(7AT):1813万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る