マイナーチェンジを受けたプジョー2008が登場【ジュネーブショー2016】

2016.02.29 自動車ニュース
「プジョー2008」
「プジョー2008」

【ジュネーブショー2016】マイナーチェンジを受けた「プジョー2008」が登場

仏プジョーはジュネーブショー2016(開催期間:2016年3月1日~3月13日)において、マイナーチェンジを施した「プジョー2008」を世界初公開する。

「2008」
「2008」
「トラベラー」
「トラベラー」
「2008 DKR」
「2008 DKR」

■インフォテインメントシステムの機能を強化

プジョー2008は、2013年にデビューしたコンパクトクロスオーバー車である。今回のマイナーチェンジでは、より性能を進化させたトラクションコントロールシステム「グリップコントロール」を搭載することで悪路走破性能を高めたほか、冬季のドライブを考慮してオールシーズンタイヤを採用した。

またインフォテインメントシステムについては、携帯端末と車載機器とを連携させる「MirrorLink」や「Apple CarPlay」などを新たに採用。また、リアビューカメラやアクティブシティーブレーキ、パークアシストなどの運転支援システムを標準装備している。

プジョーでは同車のほかにも、ワンボックスカーの「プジョー・トラベラー」や2016年ダカールラリーの優勝車「プジョー2008 DKR」(302号車)などの展示も予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
2008プジョージュネーブモーターショー2016イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 プジョー2008の魅力と実力<PR> 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記