マイナーチェンジを受けたプジョー2008が登場【ジュネーブショー2016】

2016.02.29 自動車ニュース
「プジョー2008」
「プジョー2008」

【ジュネーブショー2016】マイナーチェンジを受けた「プジョー2008」が登場

仏プジョーはジュネーブショー2016(開催期間:2016年3月1日~3月13日)において、マイナーチェンジを施した「プジョー2008」を世界初公開する。

「2008」
「2008」
「トラベラー」
「トラベラー」
「2008 DKR」
「2008 DKR」

■インフォテインメントシステムの機能を強化

プジョー2008は、2013年にデビューしたコンパクトクロスオーバー車である。今回のマイナーチェンジでは、より性能を進化させたトラクションコントロールシステム「グリップコントロール」を搭載することで悪路走破性能を高めたほか、冬季のドライブを考慮してオールシーズンタイヤを採用した。

またインフォテインメントシステムについては、携帯端末と車載機器とを連携させる「MirrorLink」や「Apple CarPlay」などを新たに採用。また、リアビューカメラやアクティブシティーブレーキ、パークアシストなどの運転支援システムを標準装備している。

プジョーでは同車のほかにも、ワンボックスカーの「プジョー・トラベラー」や2016年ダカールラリーの優勝車「プジョー2008 DKR」(302号車)などの展示も予定している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る