第355回:自動運転車ってもう買えるの!?
日産の新技術「プロパイロット」を体験してみた

2016.07.15 エディターから一言
自動運転技術「プロパイロット」を使った、テストドライブの様子。
自動運転技術「プロパイロット」を使った、テストドライブの様子。

2016年7月13日、日産自動車から自動運転技術「プロパイロット」が登場、新型「セレナ」に装備されることが発表された。近年にわかに注目を集める自動運転技術。そのとらえ方は受け手側によってまちまちだが、日産の新技術とは一体どのようなものなのか? 試乗した印象をリポートする。

「PILOT」スイッチ押すと、システムが起動する。 

「PILOT」スイッチ押すと、システムが起動する。 

「プロパイロット」をセットした状態のディスプレイ表示。
 「プロパイロット」をセットした状態のディスプレイ表示。

単眼カメラを利用した自動運転技術「プロパイロット」

「矢沢永吉の『やっちゃえNISSAN』のCMを見たんだけど、日産には、もう自動運転車が売ってるんでしょう?」
父親のための小型車が欲しいという友人からそんな話を振られて、思わずのけぞった。
同CMの手放し運転シーンを見た友人は、完全自動運転と思い込んでいたのだ。もしかしたら、そんなふうに理解している一般ユーザーも少なくないのでは?

そんなやりとりがあった数日後、日産の追浜工場に隣接するテストコース「追浜グランドライブ」で行われた「プロパイロット」体験試乗会に参加することができた。
試乗車は、2016年8月下旬発売予定の新型「セレナ」。日産の売れ筋モデルとなるこのクルマに、同技術が真っ先に装備されるという。

日産のプロパイロット技術を一言でいえば、高性能の単眼カメラを利用して、高速道路での渋滞走行と長時間の巡航走行でのステアリング・アクセル・ブレーキの操作を可能にする運転支援システムだ。

先行車に追従走行しながらステアリング制御を行うシステムとしては、すでに似たようなシステムが他メーカーから登場している。アウディの「トラフィックジャムアシスト」やメルセデスベンツの「ドライブパイロット」など欧州メーカーのものもあれば、国産メーカーでも、スバルの「アイサイト」やホンダの「ホンダセンシング」などが市販化されている。
 
日産のプロパイロット技術が他メーカーの技術と違うのは、高性能単眼カメラのみを利用した技術であるということ。このカメラを利用した従来の自動ブレーキシステムと構成部品はほぼ同じで、新たなコストが抑えられることから、オプション設定とはいえ、手ごろな価格での提供が期待できるのが強みだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 「日産セレナ」の特別仕様車「Vセレクション」登場 2017.5.25 自動車ニュース 日産自動車は2017年5月24日、「セレナ」に特別仕様車「X Vセレクション」、「ハイウェイスター Vセレクション」を設定し、同日販売を開始した。
  • 日産セレナ(後編) 2016.8.24 画像・写真 新型「日産セレナ」には、標準車と「ハイウェイスター」の2つのデザインが用意されるほか、オーテックジャパンのカスタムカー「ライダー」も販売される。標準モデルの上級グレード「セレナG」と、「セレナ ライダー」の特別仕様車を写真で紹介する。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.10.26 試乗記
  • 「日産セレナ」に生誕25周年を記念した特別仕様車 2016.11.30 自動車ニュース