ゼノスE10ロードスター(MR/6MT)

いまどきのバックヤードスペシャル 2016.08.03 試乗記 英国の新興メーカー、ゼノスが製造するスポーツカー「E10」。軽量複合素材のボディーにインボード式のフロントサスペンションなど、“ほぼレーシングカー”といった趣を持つ21世紀のバックヤードスペシャルの出来栄えをリポートする。

屋根もドアもありません

イギリスのお家芸、バックヤードビルダー(裏庭製造所)の最新モデルが、ゼノスE10だ。アンサ・アリとマーク・エドワーズ、いずれも元ロータスのCEOとCOOが興したゼノスカーズがつくる軽量2座ミドシップスポーツカーである。

バックヤードビルダーの流儀で、エンジンはアウトソーシング。E10はフォードの直噴2リッター4気筒を背負う。しかし、FRPの外皮を剝がせば、レーシングカー丸出しである。

骨格は、アルミ押し出し材で組んだバックボーンフレーム。バスタブ型のロータスとはまったく異なる。キャビンを構成するボディーパネルには、アルミハニカムをリサイクルカーボンでサンドイッチした複合素材を使う。フロントはバネ下重量を軽減するインボードサスペンションで、F1マシン並みにアーム長の長いダブルウイッシュボーンが、コックピット隔壁に取り付けられたコイル/ダンパーユニットを押し引きする。

ドアは、ない。開きそうに見えるが、付いていない。約700万円の標準状態だと、フロントウィンドウもない。パワステ、エアコンのような快適装備や、ABS、トラクションコントロールといった安全装備はオプションにもない。ブレーキも倍力装置なし。フロントウィンドウ付きだった試乗車の車重は、車検証記載値で800kg。これくらいなら自分の脚力だけで止めなさいということである。

フロントウィンドウを含むウエザーパックのなかに「ゲットホーム・ウエザーフード」というホロらしきものがあったが、付けると、超カッコわるい。そもそもサイドウィンドウがないので、雨は横からダダ漏れだろう。

英国のゼノスが生産する軽量スポーツカーの「E10」。アルミ製バックボーンフレームにアルミハニカムとカーボンの複合素材でできたボディーをかぶせている。
英国のゼノスが生産する軽量スポーツカーの「E10」。アルミ製バックボーンフレームにアルミハニカムとカーボンの複合素材でできたボディーをかぶせている。
フロントのサスペンションはプッシュロッドを使った縦置きのインボードタイプで、ビルシュタイン製のダンパーが採用されている。優れたロードホールディング性能に加え、セッティングの自由度の高さも特徴とされる。
フロントのサスペンションはプッシュロッドを使った縦置きのインボードタイプで、ビルシュタイン製のダンパーが採用されている。優れたロードホールディング性能に加え、セッティングの自由度の高さも特徴とされる。
非常にシンプルな「ゼノスE10」のインストゥルメントパネルまわり。ドアはなく、乗員はサイドパネルをまたいで乗降する。
非常にシンプルな「ゼノスE10」のインストゥルメントパネルまわり。ドアはなく、乗員はサイドパネルをまたいで乗降する。
脱着式のホロを装着した状態。ホロにはファスナーが備わっており、装着した状態でも乗降は可能。
脱着式のホロを装着した状態。ホロにはファスナーが備わっており、装着した状態でも乗降は可能。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。