ダイハツ、インドネシアで新型MPV「シグラ」を発売

2016.08.02 自動車ニュース
「ダイハツ・シグラ」
「ダイハツ・シグラ」

ダイハツ工業のインドネシアの子会社であるアストラ・ダイハツ・モーターは2016年8月2日、インドネシア市場専用のMPV「SIGRA(シグラ)」を発売した。

 
ダイハツ、インドネシアで新型MPV「シグラ」を発売の画像
 
ダイハツ、インドネシアで新型MPV「シグラ」を発売の画像

シグラは、ダイハツが日本で培った軽自動車の技術やノウハウを生かして開発した、7人乗りのAセグメントMPV。シグラとはサンスクリット語で「反応が素早い」といった意味で、小型車ながら大人7人が快適に座れる居住空間と、日常生活で求められる荷物収納スペース、さらに高い小回り性をセリングポイントとしている。

同車のプラットフォームは、ダイハツがインドネシアで販売するコンパクトハッチバック車「アイラ」と共通のグローバルAセグメントプラットフォームを改良したもので、エンジンは同社がアセアン向け次世代エンジンと位置づける新型「NR」エンジン(1.2リッター)と、燃費性能・出力などを改良した「KR」エンジン(1リッター)を搭載する。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。