オーテック30周年を記念した「エクストレイル」が登場

2016.08.09 自動車ニュース
「日産エクストレイル モード・プレミア“AUTECH 30th Anniversary”」
「日産エクストレイル モード・プレミア“AUTECH 30th Anniversary”」

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、SUV「エクストレイル」のカスタマイズモデル「モード・プレミア」に、同社の創立30周年を記念する特別仕様車「AUTECH 30th Anniversary」を設定し、2016年8月9日に発売した。

 
オーテック30周年を記念した「エクストレイル」が登場の画像
 
オーテック30周年を記念した「エクストレイル」が登場の画像

今回の日産エクストレイル モード・プレミア“AUTECH 30th Anniversary”は、オーテックが手がけたカスタマイズカーであるエクストレイル モード・プレミアがベース。
ダーククロムのエクステリアパーツや、LEDフォグランプ、専用カラーのレザーシートなどを採用することで、個性が強められている。エクステリアとインテリアには専用の「30th Anniversaryエンブレム」も装着され、特別感が演出される。

主な特別装備は以下の通り。

・ダーククロムフロントグリル
・専用ダーククロムバンパーフィニッシャー
・専用LEDフォグランプ
・専用ブラック本革シート
・専用30th Anniversaryエンブレム(エクステリアおよびインテリア)

ボディーカラーは、ブリリアントホワイトパールとダイヤモンドブラック、バーニングレッド、スチールブルー、ダークメタルグレーの全5色がラインナップされる。

エクストレイル モード・プレミア“AUTECH 30th Anniversary”はガソリン車とハイブリッド車が選べる。価格は以下の通り。

【ガソリン車】
・FF/2列シート(5人乗り):293万1120円
・FF/3列シート(7人乗り):302万5080円
・4WD/2列シート(5人乗り):313万7400円
・4WD/3列シート(7人乗り):323万1360円

【ハイブリッド車】
・FF/2列シート(5人乗り):336万0960円
・4WD/2列シート(5人乗り):356万7240円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクストレイルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2014.2.12 試乗記 デザインも走りも一新した新型「日産エクストレイル」。好評だった初代、2代目の路線に別れを告げ、新境地に乗り出した3代目の実力を試した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る