オーテック30周年を記念した「エクストレイル」が登場

2016.08.09 自動車ニュース
「日産エクストレイル モード・プレミア“AUTECH 30th Anniversary”」
「日産エクストレイル モード・プレミア“AUTECH 30th Anniversary”」 拡大

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、SUV「エクストレイル」のカスタマイズモデル「モード・プレミア」に、同社の創立30周年を記念する特別仕様車「AUTECH 30th Anniversary」を設定し、2016年8月9日に発売した。

今回の日産エクストレイル モード・プレミア“AUTECH 30th Anniversary”は、オーテックが手がけたカスタマイズカーであるエクストレイル モード・プレミアがベース。
ダーククロムのエクステリアパーツや、LEDフォグランプ、専用カラーのレザーシートなどを採用することで、個性が強められている。エクステリアとインテリアには専用の「30th Anniversaryエンブレム」も装着され、特別感が演出される。

主な特別装備は以下の通り。

・ダーククロムフロントグリル
・専用ダーククロムバンパーフィニッシャー
・専用LEDフォグランプ
・専用ブラック本革シート
・専用30th Anniversaryエンブレム(エクステリアおよびインテリア)

ボディーカラーは、ブリリアントホワイトパールとダイヤモンドブラック、バーニングレッド、スチールブルー、ダークメタルグレーの全5色がラインナップされる。

エクストレイル モード・プレミア“AUTECH 30th Anniversary”はガソリン車とハイブリッド車が選べる。価格は以下の通り。

【ガソリン車】
・FF/2列シート(5人乗り):293万1120円
・FF/3列シート(7人乗り):302万5080円
・4WD/2列シート(5人乗り):313万7400円
・4WD/3列シート(7人乗り):323万1360円

【ハイブリッド車】
・FF/2列シート(5人乗り):336万0960円
・4WD/2列シート(5人乗り):356万7240円

(webCG)

関連キーワード:
エクストレイル日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル モード・プレミア ハイブリッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.8.21 試乗記 日本はもちろん、欧米でも支持を得ている日産のSUV「エクストレイル」。そのラインナップにおいて、唯一の“都会派モデル”となっているオーテックの「モード・プレミア」に試乗。グローバルカーならではの魅力に触れた。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
ホームへ戻る