第130回:フランスの中二男子は自作のクルマで旅に出る
『グッバイ、サマー』

2016.09.09 エッセイ

主人公は監督の14歳時代がモチーフ

中二男子がバカだというのは、洋の東西を問わない真理であるようだ。宮藤官九郎の傑作『中学生円山』、先日紹介した『シング・ストリート 未来へのうた』は、いずれも14歳の少年が主人公だった。『グッバイ、サマー』は14歳男子2人が旅するロードムービーである。映画に登場するのは、どいつもこいつもすがすがしいほどのバカだ。

まだ自分の能力や資質がいかほどのものかわかっていない。漠然とした夢はあるが、まだ何者でもないし不安だらけだ。悶々(もんもん)とした日々は、後で振り返ってみれば輝いていたようにも思えてくる。だから映画監督は、自らの少年時代をモチーフにした作品を撮るのだろう。『シング・ストリート』はジョン・カーニー監督がバンド活動をしていた経験を元にしているし、宮藤官九郎はある目的のために前屈運動に励んでいた時期があったはずだ。

『グッバイ、サマー』の主人公ダニエル(アンジュ・ダルジャン)は、ミシェル・ゴンドリー監督の分身だ。彼は女の子のような容姿で、クラスメートからは“ミクロ”と呼ばれている。家ではパンク野郎の兄に悩まされ、母親(オドレイ・トトゥ)の過干渉にはウンザリだ。「アレはみんなやっていることなのよ」と自慰行為について諭されるのは、頭ごなしにしかられるよりもはるかにツラい。世の母親はTBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』の人気投稿コーナー「ババァ、ノックしろよ!」を聞いてバカ男子の心理を勉強するべきだ。

(C) Partizan Films- Studiocanal 2015
 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。