第20回:クルマは顔とタイヤが命(その1)

2016.12.06 カーマニア人間国宝への道

履きっぱなしは非常識!?

オーディオ問題も解決し、いよいよ納車とあいなった欧州のオシャレ牛丼カー「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」。納車後、愛車をよく見たらガンメタルーフの2トーン(Bカラー)だったのはうれしい驚きだった。紺にガンメタだとあまり目立たないので気付きませんでした!

実際に運転してみたところ、トルクもパワーも期待通りのそこそこ感。セミATのセレクトロニックには多少違和感もあるが、それもまた今後味わいが出てくるかもしれない。
「人間、違和感や嫌悪感を乗り越えなきゃ進歩はないんだよぉ!」

尊敬するテリー伊藤氏の教えである。

ということで、納車後速攻で成すべきはタイヤ交換と決まった。

デルタには6年で5万2000km走った“コチコチ”タイヤが付いており、乗り心地は驚くほどゴツゴツしている。これをレグノに替えれば間違いなくマシュマロになろう。

ただそれは、「BMW 335iカブリオレ」ですでに実行済みだ。カーマニアたるもの、新たなチャレンジをすべきではないか?

時は12月(昨年)。となるとアレか。スタッドレスか。

といっても、冬用タイヤとしてのスタッドレスではない。今は冬だが、冬を越えて春が来て、夏が巡ってもスタッドレスのまま、一年中履きっぱなしにしようというチャレンジだ。

これを言うと、眉をひそめるカーマニアは少なくない。モッタイナイし危険だというのである。が、それは時代遅れの認識ではないか!?

愛車の「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」。(写真=池之平昌信)
愛車の「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」。(写真=池之平昌信)
「デルタ」に装着されていた“コチコチ”タイヤ。
「デルタ」に装着されていた“コチコチ”タイヤ。
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算46台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事