スピードを増すほどに軽くなる

では、M4 GTSはサーキットに持ち込まないと楽しめないクルマなのか? そんなことはない。背中に高反発クッションを詰め、取りあえずシート合わせを済ませ、生き馬の目を抜くような早朝の首都高に飛び込むと、M4 GTSは実力の片鱗を見せつけた。

これまでのいろいろな“M”を知っていても、4000rpmからの3リッター直6ツインターボのパワーは、目からウロコである。7段DCTで7500rpmまでもってゆく速さもさることながら、風船が割れたみたいな回転の落ちがスゴイ。

ドライブモードは、「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」の3つ。スポーツ以上では、スロットルレスポンスが過激なまでに鋭くなって、せり出し感が鬱陶しい。アクセルを戻せば、チタン製エキゾーストから雷鳴のようなバックファイアが轟く。そのため、ほぼずっとコンフォートモードで走ったが、それだって“ひとりサーキット気分”を楽しむには十分である。

車重は1600kg。M4クーペより30kg軽い。後席を撤去し、ボンネットをアルミからカーボンに換え、細かいところでは、ドア内側の引き手をストラップに換えるなどの軽量化の成果である。

実際、それはスペック倒れではない。スピードを上げれば上げるほど、M4 GTSは軽い身のこなしを見せてくれる。自在感が増すのだ。タウンスピードでは、時にあきれるほど硬いサスペンションも、高速域ではカドがとれ、乗り心地は好転する。

3リッター直6ツインターボエンジンは、ウオーターインジェクションシステムの採用により、通常の「M4クーペ」から69psと5.1kgmアップの最高出力500ps/最大トルク61.2kgmを発生する。0-100km/h加速はBMWの量産車として最速の3.8秒を誇る。
3リッター直6ツインターボエンジンは、ウオーターインジェクションシステムの採用により、通常の「M4クーペ」から69psと5.1kgmアップの最高出力500ps/最大トルク61.2kgmを発生する。0-100km/h加速はBMWの量産車として最速の3.8秒を誇る。
4本出しのマフラーは、専用のチタン製。エンジン始動時などには、かなりの爆音を響かせる。
4本出しのマフラーは、専用のチタン製。エンジン始動時などには、かなりの爆音を響かせる。
軽量化のため、ドアストラップはループ式を採用。「Mストライプ」のアクセントが施される。
軽量化のため、ドアストラップはループ式を採用。「Mストライプ」のアクセントが施される。
車両全体では軽量化を実現しながら、ナビゲーションシステムなどの装備も軽視されていない。アルカンターラ仕上げのステアリングホイールは、“12時”の位置にオレンジのマーキングが施される。
車両全体では軽量化を実現しながら、ナビゲーションシステムなどの装備も軽視されていない。アルカンターラ仕上げのステアリングホイールは、“12時”の位置にオレンジのマーキングが施される。
関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • 「BMW M2クーペ」に6段MT仕様が登場 2016.10.25 自動車ニュース BMWが3リッター直6ターボエンジンを搭載した高性能スポーツクーペ「M2クーペ」に6段MT仕様を設定し、予約受け付けを開始した。価格は7段デュアルクラッチAT仕様より25万円低い768万円。納車については2017年1月からの予定となっている。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る