第485回:【Movie】“OHVサウンド”よ、さらば!
大矢アキオ、捨て身の路上調査員「ラスベガス編」

2017.01.20 マッキナ あらモーダ!

筆者が訪れた街で見かけたクルマを紹介して、実際の“路上ムード”を味わっていただく、捨て身の路上調査員シリーズ。今回は米国ラスベガス編である。

早速だが、市内の「ハードロック・ホテル&カジノ」前で約10分間路上ウオッチした結果を報告しよう。多く見られたブランド順に並べると、以下の通りだった。

1位 トヨタ:23台
2位 フォード:21台
2位 シボレー:21台
4位 サイオン:9台
4位 ダッジ:9台
6位 ヒュンダイ:8台
7位 ホンダ:7台
7位  日産:7台
9 位 インフィニティ:5台
10位 キャデラック:4台
11位 リンカーン:3台
11位 レクサス:3台
11位 メルセデス・ベンツ:3台
11位 アウディ:3台
11位 マツダ:3台
11位 キア:3台
17位 BMW:2台
17位 ジープ:2台
19位 ハマー:1台
19位 GMC:1台
19位 アキュラ:1台
19位 スバル:1台
19位 フォルクスワーゲン:1台

かつて存在したポンティアック、オールズモビル、サターン、そしてマーキュリーといったブランドは、もはや1台も姿を現さなかった。ビュイックも調査中には到来せず。もはや、GMの工場がある上海のほうが、目撃頻度ははるかに高い。

「ボロボロボロ」というサウンドが特徴的なOHVエンジン搭載車も、時折やってくるピックアップのみといってよい。

一方で驚かされるのが、トヨタ系ブランドの多さよ。トヨタと、若者向けブランドとして2016年まで展開されていたサイオンの数は、タクシーも含め32台にのぼった。そこにレクサスを加えると計35台。通り過ぎたクルマは141台だから、ほぼ4台に1台はトヨタ系ということになる。

自動車産業をテーマにした城山三郎の小説『勇者は語らず』(1982年)には、日本の自動車メーカーの米国駐在員が登場する。駐在員は休日、娘と道端に座り、自社のクルマが通過したらスナックをひとつつまむというゲームに興じる。

モデルになった実在の人物がいたのかは定かではない。だが、まだまだ日本車が米国で珍しかった時代。苦労して売った自社製車を目撃したうれしさで、本人には、スナックの味が何倍にもうまく感じられたことだろう。

もしも今日、トヨタマンがそのゲームをまねたら……? あっと言う間に満腹になるのは間違いない。
 
(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/編集=関 顕也)

【Movie】捨て身の路上調査員「ラスベガス編」

(撮影と編集=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

 

ラスベガスのメインストリート「ストリップ」にて。
ラスベガスのメインストリート「ストリップ」にて。
新世代のマツダ車は、カジノの街でもかなり新鮮に映る。
新世代のマツダ車は、カジノの街でもかなり新鮮に映る。
「フォード・トーラス」。初代は1980年代の後半から1990年代前半にかけてアメリカ製セダンの復興を担ったが、6代目となる現行モデルを見かける機会は、決して多くない。
「フォード・トーラス」。初代は1980年代の後半から1990年代前半にかけてアメリカ製セダンの復興を担ったが、6代目となる現行モデルを見かける機会は、決して多くない。
「リンカーン・タウンカー」。こうしたコテコテのアメリカンセダンは、ミニバンやSUVのブームに押されて、いまや絶滅危惧種である。
「リンカーン・タウンカー」。こうしたコテコテのアメリカンセダンは、ミニバンやSUVのブームに押されて、いまや絶滅危惧種である。
左から「日産ジューク」「トヨタ・プリウス」「キア・オプティマ」。新型プリウスは、その前衛的なスタイルが北米でも議論の的となっているが、目撃する回数は徐々に増えている。
左から「日産ジューク」「トヨタ・プリウス」「キア・オプティマ」。新型プリウスは、その前衛的なスタイルが北米でも議論の的となっているが、目撃する回数は徐々に増えている。
懐かしいアレグロのモーターホーム。筆者は、1970年代に一世を風靡(ふうび)した魔術師の引田天功(初代)が東京で使用していたのを覚えている。
懐かしいアレグロのモーターホーム。筆者は、1970年代に一世を風靡(ふうび)した魔術師の引田天功(初代)が東京で使用していたのを覚えている。
米国といえばハーシーのチョコレート。同社の「チョコレートワールド」前で、思わず「ギブミー、チョコレート!」と叫ぶ筆者。
米国といえばハーシーのチョコレート。同社の「チョコレートワールド」前で、思わず「ギブミー、チョコレート!」と叫ぶ筆者。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事