第30回:実は激動のディーゼルワールド

2017.02.21 カーマニア人間国宝への道

欧州ディーゼルのめざましい進化

前回は、「ルノー・エスパス」に搭載の1.6リッターツインターボディーゼル(160ps)に震撼(しんかん)したという話だったが、お値段はコミコミ約600万円するし、ミニバンなので私の購入対象外であった。

ルノーはこのエンジンを「タリスマン」という最上級セダン/ワゴンにも搭載しているようだ。タリスマンはかつての「サフラン」などの後継モデルで、私としてはこっちの方がストライクだが、当然日本未導入。ルノーの大型セダン/ワゴンなんざ買うヤツは日本に20人もいないだろう。

ついでに書くと、ルノーサムスンはタリスマンの兄弟車「SM6」を釜山工場で生産しているらしい。そんなのに日本で乗ってれば、即座にカーマニア人間国宝になれそうだ。

いずれにせよ、日産とのアライアンスの関係上、日本にはまったく正規輸入されていないルノーのディーゼル乗用車だが、現在のエンジンラインナップは1.5リッターと1.6リッターのみ! なんちゅーダウンサイジングぶり!

で、1.6のトップチューン版がこのツインターボの160馬力仕様なのだ。本国サイトを見て知りました。フランス語チンプンカンプンですが数字だけはわかりますので。

ディーゼル番外地ともいえる我ら日本人の知らないところで、ディーゼルワールドは激動しているようである。

ちなみに、エスパスに試乗させてもらった「CARBOX横浜」では、「クリオ エステート」のディーゼルも並行輸入している。1.5リッター90馬力仕様、5段MT(左ハン)で289万円! 300万円以下でウルトラ欧州土着な実用ワゴンが新車で買える! こっちの方が1000倍現実的ですね。人生いたるところに青山あり。

「ルノー・タリスマン」
「ルノー・タリスマン」
「ルノー・クリオ エステート」のフロントビュー。クリオは日本で「ルーテシア」として販売されているが、エステートは正規輸入されていない。
「ルノー・クリオ エステート」のフロントビュー。クリオは日本で「ルーテシア」として販売されているが、エステートは正規輸入されていない。
「ルノー・クリオ エステート」のリアビュー。
「ルノー・クリオ エステート」のリアビュー。
「ルノー・クリオ エステート」のインテリア。
「ルノー・クリオ エステート」のインテリア。
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算46台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事