富士重工業からSUBARUへ 社名変更にあわせ記念式典を開催

2017.03.31 自動車ニュース
新しい社名が刻まれたプレートと、吉永泰之社長。
新しい社名が刻まれたプレートと、吉永泰之社長。

富士重工業株式会社は2017年3月31日、同年4月1日付けで社名を「株式会社SUBARU」に変更するのにあわせ、社員向けの記念式典を開催した。

本社の式典会場には、2016年10月に発売された現行型「インプレッサ」と、ヘリコプター「412EPI発展型機」の40%スケールの模型が展示されていた。
本社の式典会場には、2016年10月に発売された現行型「インプレッサ」と、ヘリコプター「412EPI発展型機」の40%スケールの模型が展示されていた。
記念のリーフレットを片手に、社名変更の意義について語る吉永社長。
記念のリーフレットを片手に、社名変更の意義について語る吉永社長。
青を基調とした新しい社章は、グループ全体で用いられる“グループ章”となる。
青を基調とした新しい社章は、グループ全体で用いられる“グループ章”となる。

式典が行われたのは、本社(東京都渋谷区)、東京事業所(東京都三鷹市)、群馬製作所(群馬県太田市)、宇都宮製作所(栃木県宇都宮市)の4カ所。富士重工業の社名変更にあわせ、富士テクノサービスやFuji Heavy Industries U.S.A.,Inc.といった国内外のグループ企業も、社名を変更することとなる。

式典では吉永泰之社長が登壇し、新しい社名の書かれたプレートをアンベール。新しい社章や、社名変更に伴って歌詞が変更された社歌などを紹介するとともに、「今回の社名変更は、価値を提供する会社として生きていくという決意表明である」と、社名が変わることの意義を語った。

なお、新しい社章はスバルのエンブレムと同じく、ブルーを基調に六連星(むつらぼし)をデザインしたもの。これまで富士重工業の社章は同社のみで使われていたが、新しいものについてはグループ全体で同じものを使用する“グループ章”として扱われるという。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
新着記事