クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)

高い人気もうなずける 2017.07.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。

見えないところが変わった

富士重工の、じゃなくって、スバルの人気SUV、XVが5年ぶりにフルチェンジした。

といっても、カタチは変わっていない。識別点は、リアライトが切れ長になったことだが、素人目に新旧の違いはわからない。こんなに変わらなくて大丈夫なのかと、ひとごとながら心配になるほどである。

ボディーサイズもほとんど変わっていない。立体駐車場に収まる1550mmの全高は同一だ。「ホンダ・ヴェゼル」「マツダCX-3」「トヨタC-HR」といったライバルと比べると、もともとXVはちょっと大柄だから、これ以上、大きくする必要はないということだろう。

しかし、カタチや大きさは変わらなくても、車台は新世代のSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)に刷新された。新たに1.6リッターが加わり、メインの2リッターエンジンも直噴化された。見えないところで変わったのが、今度のXVといえる。

1.6リッターとの2本立てになり、新型の月販目標台数は2200台に増えた。このところ路上でXVが目立つようになったなあと思ったら、「インプレッサ」シリーズとそう変わらない計画台数である。

ちなみに、アメリカのNo.1スバルは「フォレスター」で、月に1万5000台近く売れる。「XVクロストレック」(XVの北米名)はその半分とはいえ、大したものだ。そんなふうに販売ではすっかり米国メインのメーカーになり、社名も横文字に変わったのに、“こころ日本にあらず”のグローバル企業とは思われないのが、スバルのおもしろいところだ。

今回試乗したのは、2.0i-S EyeSight。本体価格267万8400円の一番高いXVである。

「スバルXV」の製造元だった富士重工業は2017年4月に改称。社名をブランド名と同じ「スバル」に改めた。
「スバルXV」の製造元だった富士重工業は2017年4月に改称。社名をブランド名と同じ「スバル」に改めた。拡大
インテリアの基本的なデザインはベースとなった「インプレッサ」と共通。従来モデルから大幅に質感が高められている。
インテリアの基本的なデザインはベースとなった「インプレッサ」と共通。従来モデルから大幅に質感が高められている。拡大
オレンジのステッチが入ったトリコットと合皮のコンビシートは「2.0i-S EyeSight」の専用装備。オプションで黒の本革シートも用意される。
オレンジのステッチが入ったトリコットと合皮のコンビシートは「2.0i-S EyeSight」の専用装備。オプションで黒の本革シートも用意される。拡大
ボディーカラーは全9色。新色としては、テスト車の「クールグレー・カーキ」と、「サンシャインオレンジ」の2色が設定されている。
ボディーカラーは全9色。新色としては、テスト車の「クールグレー・カーキ」と、「サンシャインオレンジ」の2色が設定されている。拡大
注目の記事PR
  • 驚きの走破性は、この技術に支えられていた! 「ランドクルーザープラド」の素顔に迫る。
    驚きの走破性は、この技術に支えられていた! 「ランドクルーザープラド」の素顔に迫る。 トヨタ・ランドクルーザープラド
注目の記事一覧へ

乗れば「新しくなった」とわかる

先代からインプレッサとは独立したモデルになったとはいえ、XVは5ドアハッチ「インプレッサスポーツ」の4WDをリフトアップしてSUV化したクルマには違いない。

新プラットフォームで生まれ変わった新型インプレッサは、半年ほど前に4WDの「2.0i-S EyeSight」に試乗して好印象を受けた。クルマの“基礎”から底上げしたかのような“よくなりかた”には、いまの「ゴルフVII」をかなり研究したあとをうかがわせる。

今回乗ったXVもあのときのデジャビュかと思わせる出来である。ボディーやサスペンションの剛性感が上がった。特に足まわりは、動きがかろやかになり、乗り心地もより上質になった。なんというか、乗り味から雑味がなくなっているのだ。3割パワーアップ! みたいなことと違って、派手さはないが、走りだしたとたん、あっ、新しくなったなとわかる違いである。

直噴化された2リッター水平対向4気筒も、そうした洗練度の深化に呼応している。高回転へ上り詰めるときの“小さいものが回っている感じ”が気持ちいい。最高出力も最大トルクも、それぞれの発生回転数もインプレッサ用と同一。車重は同じ2.0i-S EyeSightのインプレッサスポーツより50kg増えているが、特に重くなった印象はない。

現行型「インプレッサスポーツ」をベースに開発された新型「XV」は、スバルの新世代プラットフォームである「スバル・グローバル・プラットフォーム」が用いられたモデルの第2弾となる。
現行型「インプレッサスポーツ」をベースに開発された新型「XV」は、スバルの新世代プラットフォームである「スバル・グローバル・プラットフォーム」が用いられたモデルの第2弾となる。拡大
「XV」のラインナップの中で唯一、「2.0i-S EyeSight」には18インチアルミホイールが装備される。タイヤサイズは225/55R18。テスト車にはブリヂストンのSUV用タイヤが装着されていた。
「XV」のラインナップの中で唯一、「2.0i-S EyeSight」には18インチアルミホイールが装備される。タイヤサイズは225/55R18。テスト車にはブリヂストンのSUV用タイヤが装着されていた。拡大
現行型「インプレッサ」から導入が進められている、新型の2リッター水平対向4気筒直噴エンジン。従来の2リッターエンジンより約80%の部品の設計を見直すことで、優れた燃費と実用域トルクの向上を実現している。
現行型「インプレッサ」から導入が進められている、新型の2リッター水平対向4気筒直噴エンジン。従来の2リッターエンジンより約80%の部品の設計を見直すことで、優れた燃費と実用域トルクの向上を実現している。拡大

なめらかに回るエンジンに対し……

スバルは国産CVT車のパイオニアで、1984年にオランダのヴァンドールネからスチールベルトを調達して電磁クラッチ付きのCVTを自製し、リッターカーの「ジャスティ」に採用している。決して具合のいい自動変速機とはいえなかったが、進取の気性に富むスバルらしかった。
新型XVの変速機もおなじみのリニアトロニック。7段マニュアルモード付きのCVTで、シフトパドルも備わる。だが、エンジンがこれだけなめらかで、しかも“回りたがり”になると、回転だけ上がって、車速がついてこないCVTの徒労感が今回ちょっと気になった。

センターパネルにあったSIドライブのダイヤルはなくなり、モードも“スポーツ”と“インテリジェント”の2つに減り、ハンドルスポークの小さなスイッチで操作するようになった。

デフォルトは、省燃費指向のインテリジェントモードである。60km/hで流しているとき、Sボタンを押すと、1000rpmほどエンジン回転が上がる。だが、アバルトのスポーツモードのようにドライブ特性が激変するわけでもなく、メーターが赤くなるわけでもない。インテリジェントモードでも、アクセルを深く踏み込めば、スポーツモード同様、レッドゾーン手前の6300rpmに張り付いて回る。山道ではスポーツを使ったが、戻し忘れて、高速道路もそのままで走った。これがなければ、11.1km/リッターのトータル燃費はもうちょっとよくなっていたかもしれない。

1.6リッター車、2リッター車ともに、トランスミッションにはチェーン式CVTの「リニアトロニック」が組み合わされる。
1.6リッター車、2リッター車ともに、トランスミッションにはチェーン式CVTの「リニアトロニック」が組み合わされる。拡大
誕生当初はセンターコンソールのダイヤル式コントローラーで操作する方式だった、走行モード切り替え機構「SIドライブ」。現在はステアリングスイッチ(写真下部)で操作する方式となっており、また一部のスポーツモデルを除き、走行モードも「S」と「I」の2つに整理されている。
誕生当初はセンターコンソールのダイヤル式コントローラーで操作する方式だった、走行モード切り替え機構「SIドライブ」。現在はステアリングスイッチ(写真下部)で操作する方式となっており、また一部のスポーツモデルを除き、走行モードも「S」と「I」の2つに整理されている。拡大
新型「XV」は悪路走破性能も考慮されており、ベースグレードの「1.6i EyeSight」を除く全車に、下り坂での車速を一定に保つヒルディセントコントロールや、パワープラントの制御をオフロード走行向けに切り替える「X-MODE」などが装備されている。
新型「XV」は悪路走破性能も考慮されており、ベースグレードの「1.6i EyeSight」を除く全車に、下り坂での車速を一定に保つヒルディセントコントロールや、パワープラントの制御をオフロード走行向けに切り替える「X-MODE」などが装備されている。拡大

エンジンビートにスバルを感じる

XVには「アイサイト」のver.3が全車に標準装備される。さらに試乗車にはオプションの「アドバンスドセイフティパッケージ」が付いていた。このなかには「後退時支援」という機能がある。一度高速SAの駐車場からバックで出ようとすると、ピピッと電子音が鳴って、左からクルマが来ていることを教えてくれた。運転席からはまったく見えないクルマだった。非常に有用な運転支援装置である。

エンジンはなめらかに回るが、例えば高速道路で軽く踏み込んでジワジワと加速するようなとき、フラットフォー特有のザワザワしたビートをかすかに感じて、あっ、スバルだ! と思う。

同じ2.0i-S EyeSightのインプレッサスポーツ4WDは、259万2000円。それプラス8万6400円で同じ装備のSUVが手に入るのだから、XVの高い人気も納得がいく。日本車離れした中間色のすてきなボディーカラーが多いのもXVの魅力である。
いま乗っている人が、無理して新型に乗り換える必要はないが、いまからXVを求めるなら、絶対新型だ。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=荒川正幸/編集=堀田剛資)

運転支援システム「アイサイト」のカメラユニット。スバルは2017年6月に、幅広い車速域での操舵支援機能を実現した改良型アイサイトを発表しているが、「XV」のシステムは改良前のものとなっている。
運転支援システム「アイサイト」のカメラユニット。スバルは2017年6月に、幅広い車速域での操舵支援機能を実現した改良型アイサイトを発表しているが、「XV」のシステムは改良前のものとなっている。拡大
「XV」には「アイサイト」のほかにも、グレード別設定ないしメーカーオプションで、後側方警戒支援システムとハイビームアシストからなる「アドバンスドセイフティパッケージ」や、ステアリング連動ヘッドランプなどが用意されている。
「XV」には「アイサイト」のほかにも、グレード別設定ないしメーカーオプションで、後側方警戒支援システムとハイビームアシストからなる「アドバンスドセイフティパッケージ」や、ステアリング連動ヘッドランプなどが用意されている。拡大
新型「XV」の燃費は、1.6リッター車が15.8~16.2km/リッター、2リッター車が16.0~16.4km/リッターとなっている(いずれもJC08モード)。
新型「XV」の燃費は、1.6リッター車が15.8~16.2km/リッター、2リッター車が16.0~16.4km/リッターとなっている(いずれもJC08モード)。拡大

テスト車のデータ

スバルXV 2.0i-S EyeSight

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4465×1800×1550mm
ホイールベース:2670mm
車重:1440kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:CVT
最高出力:154ps(113kW)/6000rpm
最大トルク:196Nm(20.0kgm)/4000rpm
タイヤ:(前)225/55R18 98V/(後)225/55R18 98V(ブリヂストン・デューラーH/Pスポーツ)
燃費:16.0km/リッター(JC08モード)
価格:267万8400円/テスト車=278万6400円
オプション装備:ルーフレール(5万4000円)/アドバンスドセイフティパッケージ(5万4000円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:2692km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:532.3km
使用燃料:48.1リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:11.1km/リッター(満タン法)/11.3km/リッター(車載燃費計計測値)
 

スバルXV 2.0i-S EyeSight
スバルXV 2.0i-S EyeSight拡大

関連キーワード:
XVスバル試乗記

あなたにおすすめの記事