第426回:新製品「X-ICE3+」のアイスブレーキング性能は?
ミシュラン新旧スタッドレスタイヤの氷上性能を比較する

2017.07.19 エディターから一言
テストの舞台は東京都内のアイススケート場。新製品「X-ICE3+」と従来製品「X-ICE3」の制動性能を比較した。
テストの舞台は東京都内のアイススケート場。新製品「X-ICE3+」と従来製品「X-ICE3」の制動性能を比較した。

ミシュランが去る6月に発表したスタッドレスタイヤの新製品「X-ICE3+(エックスアイス スリープラス)」の特徴は、氷上性能の強化にあるという。では、従来製品の「X-ICE3」と比べて、アイスブレーキング性能は具体的にどれくらい改善されたのだろうか。アイススケート場でその性能を試すことができた。

「ミシュランX-ICE3+」のラインナップは15~18インチの全15サイズ。2017年8月1日から順次販売が開始される。価格はオープン。
「ミシュランX-ICE3+」のラインナップは15~18インチの全15サイズ。2017年8月1日から順次販売が開始される。価格はオープン。
トレッドパターンは従来製品「X-ICE3」のものを引き継いでおり、「バリアブルアングルサイプ」などの技術が引き続き用いられている。
トレッドパターンは従来製品「X-ICE3」のものを引き継いでおり、「バリアブルアングルサイプ」などの技術が引き続き用いられている。
「表面再生ゴム」の顕微鏡画像。
「表面再生ゴム」の顕微鏡画像。
「表面再生ゴム」の中に詰まった「Mチップ」のX線画像。
「表面再生ゴム」の中に詰まった「Mチップ」のX線画像。

その違いはコンパウンドにあり

ミシュランX-ICE3+は、従来製品であるX-ICE3の総合性能を維持しながら、氷上性能を向上させた新製品である。両製品はトレッドパターンが一緒であるなど、見た目こそ大きな違いはない。しかし、タイヤの基本性能を決めるコンパウンド(タイヤのトレッド部に使われる複合ゴムのこと)が異なっている。

今回新たに採用された「表面再生ゴム」の中には「Mチップ」と呼ばれる物質が詰まっており、タイヤの摩耗が進むとこのMチップが溶け出して、タイヤの表面に無数の穴が現れるようになっている。この穴が氷の表面にある水分を除去し、氷への密着を促す仕組みだ。

タイヤの摩耗が進んでも、常にタイヤの表面に穴が再生されるため、氷上ブレーキ性能が長期にわたって続くとうたわれる。従来のX-ICE3と比較して、アイスブレーキング性能は新品時で4.5%、摩耗時で11.5%改善されているという。

そのほか、効果的な除水や強力なグリップなどを実現する「トリプル・エフェクト・ブロック」や、広い接地面を確保しながら接地面圧を路面に均等にかける「マックスタッチ」、サイプの向きを縦・横・斜めと変化させて多方向にエッジ効果を発揮する「バリアブルアングルサイプ」などの従来技術も継承されており、高い総合性能を実現したのが自慢だ。

あなたにおすすめの記事
新着記事