第7回:節電の夏は、ホームシアターで涼をとる
夏休みに観たいクルマ映画DVD

2011.07.11 エッセイ

第7回:節電の夏は、ホームシアターで涼をとる夏休みに観たいクルマ映画DVD

ジブリ映画のクルマ選びにはハズレがない

今年の夏休み映画最大の話題作は、やはり『ハリーポッターと死の秘宝 Part2』ということになるのだろうか。ほかに大作としては、『トランスフォーマー/ダークサイドムーン』があり、カンヌ映画祭パルムドールの『ツリー・オブ・ライフ』も公開される。アニメ方面では『カーズ2』『カンフー・パンダ2』の続編モノ2作がやってきて、迎え撃つ日本のジブリは宮崎吾朗監督の『コクリコ坂から』。華やかなラインナップだ。

とはいえ、暑い中わざわざ映画館に出かける気にならない、という人も多いだろう。節電の折、扇風機にビールで炎熱をしのぎながらDVDを観るのも一興。そんなシーンにふさわしいクルマ映画のタイトルが発売されているので、新しいものの中からいくつかご紹介しよう。

まずは、昨年夏のジブリ作品『借りぐらしのアリエッティ』。クルマ映画と言うのははばかられるけれど、いつもながら登場するクルマの選定が心憎い。冒頭、老婦人が少年を乗せて洋館風の家に帰ってくるクルマが、薄いブルーの「メルセデス・ベンツW123」なのだ。そこそこ裕福で上品な暮らしを送る奥様の愛車として、まことに的確なセレクトである。堅実さ、上質さを重視し、派手好みではない趣味のよさを、このクルマで表現している。

『千と千尋の神隠し』では、森の中の道を乱暴な運転で突進するシーンで「アウディA4」が選ばれた。4WDであることを、運転している父親のセリフで明らかにしている。これも冒頭のシーンで、その後迷い込んだ不思議な街での身勝手な行動を予感させた。クルマ好きである宮崎駿ならではの判断で、企画・脚本しか担当していない今回の作品でも、おそらく彼の意向が働いたのだろう。

『借りぐらしのアリエッティ』DVD
第7回:節電の夏は、ホームシアターで涼をとる − 夏休みに観たいクルマ映画DVD
「メルセデス・ベンツW123」
1976年から1985年まで販売されたメルセデス・ベンツのエントリーモデル。「W114/115」を前身とし、後継は「W124」。ただし、1982年に190Eが登場して、ミディアムクラスの位置づけとなる。
第7回:節電の夏は、ホームシアターで涼をとる − 夏休みに観たいクルマ映画DVD

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。