第84回:人々に告ぐ!「アルファ145」を笑うな

2009.03.28 エッセイ

第84回:人々に告ぐ!「アルファ145」を笑うな

懐かしの(?)「アルファ155」。ツーリングカーレースでも活躍した。
第84回:人々よ「アルファ145」を笑うな

今どき155に……

イタリアの路上ではここ10年でめっきり古いクルマが減った。政府の自動車買い替え奨励金政策が繰り返されてきたためである。
それが始まったのは1997年。当時、フィアットを救済しようという目的だったのだが、EU加盟国である以上、対象を国産車に限定することができなかった。その結果、イタリア人ユーザーは一気に外国車に乗り換え、イタリアメーカーののシェアが3割を切るという逆効果を生んでしまった。

それはさておき、相次ぐ買い替え政策と並行して進んだディーゼルブームがきっかけで、気がつけばすっかり見かけなくなったモデルがある。そのひとつが「アルファ155」(1992-1997年)だ。
「フィアット・テンプラ」/「ランチア・デドラ」と共通のプラットフォームを用いながらも、そのスクエア感覚溢れるデザインは、デビュー時にそれなりのインパクトを人々に与えた。
ボクのシエナでのかかりつけ医や家主も乗っていた。家賃もこういう使われ方をするのなら、少々高くても許せた。

しかし、たとえディーゼルモデルがあっても旧世代の仕様だったため、、後年は環境対策で高額な自動車税が掛けられるようになってしまった。ガソリン仕様も、税金が高い高出力モデル中心だったことが災し、手放す人が増えた。ちなみに、かかりつけ医や家主も数年前に手放し、前者は「フォルクスワーゲン・ボーラ」に、後者は「フォルクスワーゲン・ルポ」に買い換えた。

今日、あるイタリアの若者にいたっては、「今どきアルファ155に得意になって乗ってるのは、外国人ぐらいだぜ」と言って、出稼ぎ労働者が多い、ある北アフリカの国名を挙げた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。