【スペック】全長×全幅×全高=4820×1820×1490mm/ホイールベース=2710mm/車重=1770kg/駆動方式=4WD/3.6リッターV6DOHC24バルブ(299ps/6600rpm、35.7kgm/2400-5300rpm)/価格=590.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントR36(4WD/6AT)【試乗記】

鶏口 or 牛後 2008.09.29 試乗記 フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントR36(4WD/6AT)
……590.0万円

この秋から「パサート」のラインナップに加わった「R36」は、まさに万能車。これ1台で運転もスキーもキャンプも楽しめるうえ、きっと仕事もうまくいく!?

590万円出せば、アレも買えるコレも買える

2008年9月から「フォルクスワーゲン・パサート」のラインナップに加わったR36を試乗するにあたって、資料を眺めた。もろもろの解説を読みながら頭に浮かんだのは「鶏口となるも牛後となるなかれ」というフレーズだ。中国では鶏と牛だけど、英語圏では「ライオンの尻尾になるより犬の頭になるほうがいい」なんて言うらしい。

この「パサート・ヴァリアントR36」、エンジンは3.6リッターに拡大されたV型6気筒のFSIユニット、トランスミッションは6段DSG、駆動方式は4MOTIONと、フォルクスワーゲンにおける満貫というかトリプル・クラウンを達成したモデル。

いやいや、それだけじゃない。このクルマには『R』の称号も付いている。カタログによれば、「『R』。それはレーシングを意味し、フォルクスワーゲンがプレミアムスポーツだけに与える誇り高き称号。」とある。「R」の称号を含めれば、R36は満貫じゃなくてハネ満、トリプル・クラウンじゃなくてグランドスラムだ。

で、なぜに「鶏口牛後」が浮かんだのかといえば、590万円という価格を見たから。597万円の「A6アバント2.4(FF)」はもちろん、もしかすると668万円の「BMW525iツーリング(FR)」も視野に入るかも知れない。

グランドスラム達成のR36か、それともひとクラス上の廉価版を狙うのか−−。その辺をしっかり見極めてやろうじゃないかという熱いキモチで平べったい直方体のキーをダッシュボードの凹みに挿入、グイと押し込んでエンジンを始動する。

 
フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントR36(4WD/6AT)【試乗記】の画像
6代目となる現行パサートは、「アウディA4」と車台を共用していた5代目までと異なり、「ゴルフ」がベース。従来型までのエンジンを縦置きするレイアウトから、より一般的な横置きレイアウトになっている。テスト車のビスケーブルーパールエフェクトというブルーのボディカラーはR36の専用色。
6代目となる現行パサートは、「アウディA4」と車台を共用していた5代目までと異なり、「ゴルフ」がベース。従来型までのエンジンを縦置きするレイアウトから、より一般的な横置きレイアウトになっている。テスト車のビスケーブルーパールエフェクトというブルーのボディカラーはR36の専用色。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートヴァリアントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る