ジュネーブショー2016の会場から(その3)

2016年3月1日に開幕した第86回ジュネーブ国際モーターショー。トヨタはCセグメントの新型クロスオーバー車「C-HR」と、欧州向けの新型ミニバン「プロエース バーソ」を発表した。また、新型「ハイラックス」を欧州初公開した。(写真=webCG取材チーム)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタ、TNGA第2弾となる小型SUV「C-HR」を発売 2016.12.14 自動車ニュース トヨタが新型コンパクトSUV「C-HR」を発売。パワーユニットは1.8リッターエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドと、1.2リッター直噴ターボエンジンの2種類。価格は251万6400円から290万5200円となっている。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • レクサスNX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2014.10.13 試乗記 レクサス初のコンパクトSUV「NX」。“遅れてやってきた主役”の実力は? 注目の2リッター直4ダウンサイジング・ターボユニットを搭載する「200t」グレードの、“Fスポーツ”仕様に試乗した。
ホームへ戻る