クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

“E”から“F”へ 受け継がれるスポーツカーの美学

60年目の継承と進化 2021.03.10 F-TYPEに宿るジャガーのフィロソフィー<AD> ジャガーの名声を確立した世界的名車「E-TYPE」と、今日のブランドイメージをけん引するピュアスポーツカー「F-TYPE」。2台のスポーツカーの間で、半世紀以上の時を越えて受け継がれる美点とは何か。ジャガーが掲げ続けるスポーツカーのフィロソフィーを探った。

スポーツカーから始まったジャガーの歴史

ジャガー・ランドローバー・ジャパンが、F-TYPEをベースにした特別仕様車「F-TYPE HERITAGE 60 EDITION」と「F-TYPE HERITAGE V6 EDITION」の受注を2021年2月1日に開始した。車名にある「ヘリテージ」や「60」は、スポーツカーのDNAを受け継いだとする往年の名スポーツカー、E-TYPEのデビュー60周年を意味している。

そもそもジャガーは、SSカーズと名乗っていた第2次大戦前から、軽量スポーツカーづくりを得意とするメーカーだった。1935年の「SS90」と、それに続く「SS100」で名声を確立し、このときから「ジャガー」のサブネームを使いだした。

戦後、1945年に社名をジャガーカーズと改め、本格的にスポーツカー製造を手がけるようになる。「XK120」(1949年)、「C-TYPE」とも呼ばれた「XK(120)C」(1951年)、それに「D-TYPE」(1954年)と立て続けに傑作を輩出し、1950年代はル・マン24時間レースで5回もの優勝をものにしている。

いっぽう、量産スポーツカーメーカーとしてジャガーの名声を(主に北米で)確立したのが、1961年のジュネーブ自動車ショーで発表されたE-TYPEだ。ジャガーの生みの親、ウィリアム・ライオンズがスタイリングスケッチを手がけ、マルコム・セイヤーが現実のかたちにつくり上げた。そのデザインは素晴らしく、英国のデザイン評論家、スティーブン・ベイリーなどは「史上最も美しいクルマ」と評するほどだ。

→「E-TYPE」60周年記念特別限定車の詳しい情報はこちら

1961年に登場した「E-TYPE」(左)と、同車の誕生60周年を祝う「F-TYPE HERITAGE 60 EDITION」(右)。
1961年に登場した「E-TYPE」(左)と、同車の誕生60周年を祝う「F-TYPE HERITAGE 60 EDITION」(右)。拡大
「F-TYPE HERITAGE 60 EDITION」のリアに装着された、「E-TYPE」の60周年記念バッジ。
「F-TYPE HERITAGE 60 EDITION」のリアに装着された、「E-TYPE」の60周年記念バッジ。拡大
「E-TYPE」は1961年のジュネーブモーターショーで発表された。写真はジュネーブに持ち込まれたクーペのプロトタイプ「9600HP」と、ジャガー創業者のウィリアム・ライオンズ。
「E-TYPE」は1961年のジュネーブモーターショーで発表された。写真はジュネーブに持ち込まれたクーペのプロトタイプ「9600HP」と、ジャガー創業者のウィリアム・ライオンズ。拡大

人気の秘訣は“速さ”と“美しさ”

直列6気筒エンジンを収めた長いノーズと、ドライバーが後輪の上に座るような、伝統的なスポーツカーのプロポーション。エンジンは当初3.8リッター6気筒でスタートし、4.2リッターへ排気量が大きくなり、後に5.3リッターV型12気筒まで用意された。どのモデルも太いトルクの上に乗るような、力強い走りが特徴的で、性能的には今の路上でも交通の流れをリードできるほどだ。

当時、エンスージアストはE-TYPEでレースに出走。直接のライバルは「フェラーリ250GTO」だった。かなりの強敵であるものの、デビュー年には英国のレースにおいて実際にフェラーリを下しており、またグラハム・ヒルのドライブでアストンマーティンがレース用に仕立てた「DB4GT」を打ち負かしたこともある。

その実力と美しいスタイルゆえ、E-TYPEはすぐに欧米の社交界で人気を呼んだ。クーペとドロップヘッド(オープン)の両方が用意されており、最初はレースカーのように素っ気なかった内装も、途中からぜいたくなものへと変わり、いってみれば文武両道のスポーツカーとなった。そのときの人気ぶりが、F-TYPEが活躍する今日まで続いているのだから、すごいことと言わざるをえない。

2012年に発表されたF-TYPEのよさは、まさにこのE-TYPEと似ている。性能的に優れ、同時に審美性が高い。そのデザインも、多くを現代的な解釈を交えつつE-TYPEから受け継いだもので、長めのフードからリアへと続くベルトラインは、リアフェンダーのあたりでキックアップして、大きな躍動感を生んでいる。いっぽうで、ぎゅっと引き締まったスタイリングは官能性を感じさせるほどだ。

→「E-TYPE」60周年記念特別限定車の詳しい情報はこちら

ボディーには耐候性に優れたクーペと爽快なドロップヘッド(写真)の2種類を設定。ロングホイールベースの4シーター仕様も用意された。
ボディーには耐候性に優れたクーペと爽快なドロップヘッド(写真)の2種類を設定。ロングホイールベースの4シーター仕様も用意された。拡大
当初はスパルタンだったインテリアも、時代に合わせて贅(ぜい)のあるものへと変化。「E-TYPE」は幅広いユーザーの要望に応える、懐の深いスポーツカーとなった。
当初はスパルタンだったインテリアも、時代に合わせて贅(ぜい)のあるものへと変化。「E-TYPE」は幅広いユーザーの要望に応える、懐の深いスポーツカーとなった。拡大
高い動力性能を持つ「E-TYPE」は、サーキットでも活躍。アルミボディーで軽量化を図ったスペシャルモデルも用意された。
高い動力性能を持つ「E-TYPE」は、サーキットでも活躍。アルミボディーで軽量化を図ったスペシャルモデルも用意された。拡大

幅広い要望に応える豊富なバリエーション

動力性能は高く、その根幹となるエンジンには2リッター直列4気筒ターボをはじめ、3リッターV型6気筒スーパーチャージド、5リッターV型8気筒スーパーチャージドの3種類を用意。このうち「F-TYPE R」の5リッターエンジンは、2020年の改良で最高出力が575PS(423kW)、最大トルクが700N・mにアップ。静止状態から100km/hまで、わずか3.7秒で加速する。

また、マニュアルシフト操作時によりクイックなレスポンスを示す「クイックシフト・トランスミッション」や、改良されたスプリングとアンチロールバー、アダプティブダイナミクス対応の連続可変ダンパーを組み合わせたサスペンションシステムなどで、スポーティーな走りを実現している点も、F-TYPE Rのセリングポイントとなっている。

バリエーションも豊富で、駆動系には後輪駆動と全輪駆動を用意。サーキットで楽しみたいひとは後輪駆動がいいかもしれないし、「安定した走りでロングツーリングを」というひとは全輪駆動が選べる。ボディータイプもクーペとコンバーチブルが設定されていて、内装もスポーティーなものからぜいたくなものまで、仕様による振り幅をあえて大きくしている。高級とは選択肢がゆたかなことも意味する。その点においてもE-TYPEと同じく、F-TYPEは幅広い層へアピールする。

→「E-TYPE」60周年記念特別限定車の詳しい情報はこちら

2019年12月に発表された大幅改良モデル。外観では一新されたフロントマスクが従来型との大きな違いで、ヘッドランプが横長の鋭い意匠となった、
2019年12月に発表された大幅改良モデル。外観では一新されたフロントマスクが従来型との大きな違いで、ヘッドランプが横長の鋭い意匠となった、拡大
走りの面では「F-TYPE R」に搭載されるエンジンの性能向上がトピック。最高出力と最大トルクが、既存の550PS/680N・mから、過去のスペシャルモデル「SVR」と同等の575PS/700N・mに引き上げられた。
走りの面では「F-TYPE R」に搭載されるエンジンの性能向上がトピック。最高出力と最大トルクが、既存の550PS/680N・mから、過去のスペシャルモデル「SVR」と同等の575PS/700N・mに引き上げられた。拡大
12.3インチのデジタルメーター「インタラクティブ・ドライバーディスプレイ」を全車に採用するなど、機能・装備の強化が図られている。
12.3インチのデジタルメーター「インタラクティブ・ドライバーディスプレイ」を全車に採用するなど、機能・装備の強化が図られている。拡大

ディテールにみるヘリテージへの敬意

そこにあって、冒頭で述べたF-TYPE HERITAGE 60 EDITIONは、ジャガーのヘリテージに敬意を抱く層に、より深く訴えかけるモデルとなっている。

ジャガーの中にあって、特殊な高性能モデルやコレクターズエディションの開発を担うデザイナー、エンジニア、テクニシャンによるスペシャリストチーム「SVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)」が、最上位グレード「F-TYPE RクーペP575」をベースにさらに手を入れたもので、生産台数はグローバルでわずかに60台。日本での販売台数は6台のみとなっている。

特に目を引くのが濃緑色のボディーで、1960年代以降使用されてこなかったE-TYPEのオリジナルカラー「シャーウッドグリーン」を採用。ジャガーの歴史的スポーツカーに対するオマージュの強いクルマに仕上がっている。

さらに、インテリアにはカタログモデルでは設定のない「キャラウェイ/エボニー」のデュオトーンウィンザーレザーを採用。ヘッドレストにはE-TYPEの60周年記念ロゴがエンボス加工されている。60台分の1台であることを表した「SV BESPOKE ONE OF SIXTY」というプレートも誇らしげで、コレクターズアイテムとしての価値の高さを視覚的にアピールする。

→「E-TYPE」60周年記念特別限定車の詳しい情報はこちら

「F-TYPE HERITAGE 60 EDITION」を手がけた「SVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)」は、ジャガー・ランドローバー内で高性能モデルや数量限定のコレクターズエディションの開発を担う部署であり、ビスポーク車両の製造も受け持っている。
「F-TYPE HERITAGE 60 EDITION」を手がけた「SVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)」は、ジャガー・ランドローバー内で高性能モデルや数量限定のコレクターズエディションの開発を担う部署であり、ビスポーク車両の製造も受け持っている。拡大
インテリアには、カタログモデルには設定のない「キャラウェイ×エボニー」のデュオトーンウィンザーレザーが用いられる。
インテリアには、カタログモデルには設定のない「キャラウェイ×エボニー」のデュオトーンウィンザーレザーが用いられる。拡大
「SV BESPOKE」のロゴと「ONE OF SIXTY」の文字が記されたプレート。
「SV BESPOKE」のロゴと「ONE OF SIXTY」の文字が記されたプレート。拡大

半世紀の時を越えて

同時に発売されるF-TYPE HERITAGE V6 EDITIONは、3リッターV6の「F-TYPE R-DYNAMIC P380」をベースに、「非日常感、特別な空間、エモーショナルなサウンドにフォーカス」したとうたわれる30台限定の特別仕様車。タン色のレザー内装をはじめ、アクティブスポーツエキゾーストシステムや、英メリディアンのサラウンドサウンドオーディオシステムなどがおごられている。

さらに、日本で販売されるジャガーとしては、このモデルが最後の3リッターV6スーパーチャージド搭載車となる。音はもちろん、最高出力380PS、最大トルク460N・mの力強い走りもオーナーを魅了することだろう。

価格は、F-TYPE HERITAGE 60 EDITIONが1961万円、F-TYPE HERITAGE V6 EDITIONが1398万円となっている。

2013年5月にF-TYPEが日本に導入された際、ジャガー・ランドローバー・ジャパンのラッセル・アンダーソン社長(当時)は「ジャガーがスポーツカー市場に“帰ってきた”ことを示す一台である」と語った。実際、E-TYPE以降のジャガーはスポーツセダンやグランドツーリングカーに傾注し、市販のスポーツカーからは距離をおいている。

ただ、その間に輩出された「XJ」や「XJ-S」「XK」には、確かにスポーツカーづくりを起源とするジャガーならではのスポーティネスが宿っており、ならばこそ「ジャガーが今、生粋のスポーツカーをつくったらどんなクルマになるだろう?」という期待をあおり続けてきた。

そして、E-TYPEから50余年の時を経て誕生したF-TYPEは、自ら高めたハードルを越え、ファンの留飲を下げるに十分なクルマに仕上がっていた。すなわち、美しく、速く、ラグジュリアスネスを求める向きも納得させる文武両道のスポーツカー。60年の時を経て今日に受け継がれるのは、“アルファベット+TYPE”という車名だけではないのだ。

(文=小川フミオ/写真=ジャガー・ランドローバー、神村 聖)

→「E-TYPE」60周年記念特別限定車の詳しい情報はこちら

「F-TYPE HERITAGE V6 EDITION」は、日本市場におけるジャガー最後の3リッターV6エンジン搭載モデル。エンジンサウンドをより楽しめるよう、アクティブスポーツエキゾーストシステムが標準装備される。
「F-TYPE HERITAGE V6 EDITION」は、日本市場におけるジャガー最後の3リッターV6エンジン搭載モデル。エンジンサウンドをより楽しめるよう、アクティブスポーツエキゾーストシステムが標準装備される。拡大
タンカラーのフルエクステンデッドレザー仕立てとなるインテリア。
タンカラーのフルエクステンデッドレザー仕立てとなるインテリア。拡大
音響には英メリディアン製のサラウンドサウンドオーディオシステムが装備される。
音響には英メリディアン製のサラウンドサウンドオーディオシステムが装備される。拡大
インストゥルメントパネルに記された「EST.1935」「JAGUAR」「COVENTRY」の文字。スポーツカーを起源とするジャガーの伝統は、今も色濃く受け継がれているのだ。
インストゥルメントパネルに記された「EST.1935」「JAGUAR」「COVENTRY」の文字。スポーツカーを起源とするジャガーの伝統は、今も色濃く受け継がれているのだ。拡大