第172回:いよいよ反撃ののろしが上がる 
ホンダの次世代ハイブリッド「i-MMD」を大解剖

2013.03.25 エッセイ

第172回:いよいよ反撃の狼煙が上がる ホンダの次世代ハイブリッド「i-MMD」を大解剖

各メーカーがしのぎを削るハイブリッドカーの開発競争。ライバルと伍(ご)して戦うために、ホンダからついに「IMA」の後継を担う次世代ハイブリッドが登場した。この夏にも市販化されるという、そのシステムの詳細をリポートしよう。

車格に応じた「松」「竹」「梅」

トヨタの「THS」を筆頭に、ホンダの「IMA」、日産の1モーター2クラッチ式ハイブリッド、「三菱アウトランダーPHEV」のプラグインハイブリッド……。思い起こしてみると、日本車には本当に多くのハイブリッドシステムが存在している。そういえば日産には「Sハイブリッド」なんて変わり種もあったっけ。
突き詰めると、みんながみんな「トランスミッションとモーターを一体化したシングルモーター式」に行きつく欧州勢とはえらい違いだ。どちらが良いか、悪いかは別にして。

普段からメーカーのニュースやカタログに接する機会の多い私だが、これらすべてのシステムを完璧に説明できるかというと、もうお手上げ。戦う前から白旗である。しかし、こちらが白旗を揚げているというのに、さらに3つも新しいハイブリッドシステムが登場しようとしている。ホンダが「SPORTS HYBRID(スポーツハイブリッド)」の総称のもとに開発を進めている「i-DCD」と「i-MMD」「SH-AWD」だ。

おおざっぱに説明すると、i-DCD(Intelligent Dual Clutch Drive)はデュアルクラッチ式7段セミATにモーターを1つ組み込んだもので、主にコンパクトカー向けのシステムだ。一方、i-MMD(Intelligent Multi Mode Drive)は、モーターとは別に発電専用のジェネレーターを搭載した中型車向け。大型車、および高性能車向けのSH-AWD(Super Handling All-Wheel-Drive)は、i-DCDと同じくモーターを組み込んだトランスミッションに加え、リア(ミドシップの「NSXコンセプト」ではフロントだったが)に2基のモーターを搭載。左右輪のトルクを制御し、低燃費とともに優れたハンドリング性能を追求したものとなっている。

これらのうち、ミドルクラス向けのi-MMDは2013年初夏に発売される新型「アコード」に搭載され、いよいよ日本にも登場するとのこと。日本に「も」と表現したのは、北米ではすでにこのシステムを搭載したアコードがデビューしているからだ。海外で先に導入されたことには、複雑な気持ちを抱かないでもないが、低燃費に資する新しい技術が登場するのはもちろんウエルカム。今回そのシステムについて詳細な説明を聞く機会を得たので、早速リポートしよう。

第172回:いよいよ反撃ののろしが上がる ホンダの次世代ハイブリッド「i-MMD」を大解剖の画像
2012年12月の「ホンダミーティング」において、試乗車として用意された3台のハイブリッド試作車。
2012年12月の「ホンダミーティング」において、試乗車として用意された3台のハイブリッド試作車。
「IMA」一本だったこれまでとは打って変わって、ホンダは次世代のハイブリッドシステムとしてコンパクトカー用、ミドルサイズカー用、大型車および高性能車用と、3種類のシステムを用意。順次導入を予定している。
「IMA」一本だったこれまでとは打って変わって、ホンダは次世代のハイブリッドシステムとしてコンパクトカー用、ミドルサイズカー用、大型車および高性能車用と、3種類のシステムを用意。順次導入を予定している。
2013年1月に北米市場に導入された「ホンダ・アコードPHEV」。「i-MMD」のプラグインバージョンである「i-MMD Plug-in」を搭載している。
2013年1月に北米市場に導入された「ホンダ・アコードPHEV」。「i-MMD」のプラグインバージョンである「i-MMD Plug-in」を搭載している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ