【語ってくれた人】ステファン・ライバーグ(Stephan Ryberg)さん/1988年から、ボルボでセーフティーエンジニアとして、安全技術に関する多方面の業務を担当。現在は、実際に起こった事故のデータを元に車両設計上の要求事項を研究する「ビークル・リクワイヤメント」を担当する。

ボルボV40【開発者インタビュー】

ボルボの安全技術に「上下」はありません 2013.03.22 試乗記 <開発者インタビュー>
ステファン・ライバーグさん
ボルボ・カー・グループ
シニア セーフティー エンジニア

“5ドア・プレミアム・スポーツコンパクト”とうたわれる新型「ボルボV40」。ボルボのラインナップで最も小さなモデルだが、最新の安全装備が惜しみなく投入されている。同社の安全技術開発を支えている、ステファン・ライバーグ氏に話をうかがった。

大切なのはアルゴリズム

「ボルボV40」に搭載された安全装備のなかで、最も話題になったのが世界初の「歩行者エアバッグ」。V40が歩行者との衝突を感知すると、ボンネットを持ち上げ、フロントウィンドウに向かってエアバッグを展開するというもの。しかし、新しい安全技術の中で、メインとなるトピックは別にあるという。

――V40の発表と同時に、歩行者用エアバッグが注目を集めました。

われわれは、安全機能をパッケージとして提供しています。その中の一部が、歩行者用エアバッグです。技術的なハイライトは、むしろぶつかる前の、衝突回避システムにあります。

――例えば歩行者を検知して衝突を回避する「ヒューマン・セーフティ」ですね。

システムを構成するセンサー、レーダー、そしてカメラなどは、ハードウエアに過ぎません。大切なのは、検知した情報をどう解析するかのアルゴリズムです。クルマのブレーキを作動させるのは難しくありませんが、必要ないときにブレーキをかけてしまったら、それは運転者の負担、ストレスとなります。必要ないときに誤作動させない。そこに開発する努力の大半が割かれました。

――どのようにシステムの“知性”を磨いたのですか?

物体自体があることを認識するのがレーダーで、その後、カメラが形状を確認して、人かその他の物体かを判別します。さまざまな物体を“見せて”、ソフトウエアのアルゴリズムを改善し、歩行者を検知する精度を引き上げていきました。

――歩行者用エアバッグの場合は、人間か否かをどう判断しているのですか?

フロントバンパーに7つの加速センサーを設け、ぶつかった衝撃から得られた波形を解析し、人の足に衝突した際の典型的な波形、プロファイルに当てはまるかどうかで判断します。
歩行者用エアバッグは、20〜50km/hの速度域で作動します。それ以上のスピードになると、衝突した歩行者は、クルマの後方に跳ね飛ばされてしまいますから、エアバッグを展開しても意味がありません。ちなみに、V40のボンネットは形状が工夫され、柔らかい素材でできているので、歩行者用エアバッグがなくても、すべての安全基準を満たします。

――それにも関わらず、歩行者用エアバッグを開発したのはなぜですか?

ボルボの安全システムは、実際の事故データに基づいて開発されます。多くの場合、重傷や死亡に至る深刻な歩行者事故は、フロントウィンドウやピラーに頭部をぶつけることで起こっています。歩行者用エアバッグは、そうした硬い部分から、歩行者を保護するのです。

世界に先駆けて実用化された歩行者エアバッグ。展開すると、ウインドスクリーンの約1/3とAピラーの半分を覆う。
世界に先駆けて実用化された歩行者エアバッグ。展開すると、ウインドスクリーンの約1/3とAピラーの半分を覆う。
歩行者用エアバッグは20〜50km/hで作動する。容量は約126リッターで、歩行者と衝突後、数ミリ秒(1ミリ秒は0.001秒)で展開し、最長で0.3秒間維持する仕組み。
歩行者用エアバッグは20〜50km/hで作動する。容量は約126リッターで、歩行者と衝突後、数ミリ秒(1ミリ秒は0.001秒)で展開し、最長で0.3秒間維持する仕組み。
「ヒューマン・セーフティ」は、ミリ波レーダーとデジタルカメラを使用して前方の障害物をスキャンし、身長80cm以上の歩行者を最大10人同時に検出する。
「ヒューマン・セーフティ」は、ミリ波レーダーとデジタルカメラを使用して前方の障害物をスキャンし、身長80cm以上の歩行者を最大10人同時に検出する。

ボルボV40【開発者インタビュー】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • 第7回:エコランでV40 D4の燃費を確かめる 2015.8.10 特集 すぐれた燃費性能がうたわれる、ボルボのクリーンディーゼル搭載車。では、実際に満タン・無給油で、どれだけの距離を走れるのか? “ミスター・テスター”笹目二朗が、「V40 D4 SE」でテストした。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)(FF/8AT)【試乗記】 2015.12.25 試乗記 台数限定ではもったいない? 「ボルボV40」のディーゼルモデルにスポーティーな意匠とサスペンションチューニングが特徴の「R-DESIGN」が200台限定で登場。純正ROMチューンの「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が施された車両に試乗し、その実力を確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
ホームへ戻る