オシャレでかわいい(?)マーチ「Mia」

2000.10.12 自動車ニュース
 
 
001012_025.gif

オシャレでかわいい(?)マーチ「Mia」(10/12)

10月10日、日産マーチに新グレード「Mia」が加わった。Mia(ミア)とは、イタリア語で「私の」の意。そのネーミングと「サイドガードモールやシートクロスなど、一部装備をヨーロピアンテイストとした」(広報資料)という謳い文句からわかるよう、ズバリ! 女性をターゲットに絞ったモデルである。いい年した男が、「僕、ミアに乗ってます」なんて言えるもんか!(……失礼)。

ベースとなるのは、ベーシックグレード「コレット」の5ドアハッチ。1リッターのFF(4AT/CVT)と、1.3リッターの4WD(CVT)、2種類が用意される。

「個性的でおしゃれなグレード」とされるMia、ライトパープル(!)基調の専用インテリア、ピンクスケルトン(!)のキーを用いたキーレスエントリーシステム、そしてグランベリーピンク(!)の専用ボディカラーが用意される。
……という説明から想像されるよりは、(写真で見るかぎり)上品なので、ロングセラーのベーシックカーを購入予定の方(男女を問わず)は、一度ご検討ください。

目標販売台数は、マーチ全体の30%にあたる1500台/月。価格は、コレットよりちょっと高い、FFが114.5万円から116.8万円。4WDが138.2万円。
ルノー・クリオと車台が共通化される次期モデルまで、もうひと踏ん張り!

なお、Miaの追加とあわせ、マーチの全グレードに、ISOFIX対応チャイルドシート用アンカーが(左右後部座席)にオプション設定された。
ボディカラーには、オパールラベンダー、ブリリアントブルーの2色が加わった。
(web CG アオキ)

今回のマーチの一部改良を機に、特別仕様車「ボレロ」「ルンバ」についてもインテリアを中心に装備充実をして発売した。
「ボレロ」は、木目調のATフィニッシャー、マルチホルダー。レトロ調専用ベージュエアコンフィニッシャー等を採用した。全体的に木目調とベージュ色でコーディネイトし、高級感とレトロ感をよろ強調するのが狙いだ。
「ルンバ」は、カジュアルな新デザインの専用シート地&ドアトリム地、3本スポークステアリング等を採用し、こちらはカジュアル感とスポーティーさを強調する。
またエクステリアでは共にホワイトサイドターンランプを採用し、専用ネーミングステッカーの変更をした。
(web CG やかん)

日産マーチサイト:
http://www.nissan.co.jp/MARCH/

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.9.15 試乗記 オーテックジャパンの創立30周年を記念した、30台の限定モデル「マーチ ボレロA30」に試乗。オーテックの匠(たくみ)が手がけた“手作りの自動車”の出来栄えやいかに? 専用チューニングの足まわりとエンジンが織り成す走りをリポートする。
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 日産マーチNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2014.2.18 試乗記 「ジューク」と「フェアレディZ」に続き、NISMOの名を持つ「マーチ」が登場。モータースポーツで培われたノウハウが注がれたスーパーマーチの走りはいかに? 1.5リッター自然吸気エンジンに5MTを組み合わせた上級モデル「NISMO S」に試乗した。
  • 日産マーチ12G(FF/CVT)【試乗速報】 2010.7.27 試乗記 日産マーチ12G(FF/CVT)
    ……146万8950円

    全数がタイで生産され、日本に輸入されることとなった新型「マーチ」。話題は経済に集中しがちだ が、中身も相当の力作だ。その実力をリポートする。
ホームへ戻る