【スペック】XJ 2.0ラグジュアリー:全長×全幅×全高=5135×1900×1455mm/ホイールベース=3030mm/車重=1780kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブターボ(240ps/5500rpm、34.7kgm/1750rpm)/燃費=9.3km/リッター(JC08モード)/価格=900万円(テスト車=946万5000円)

ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)

ダニエル・クレイグのように 2013.04.28 試乗記 ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)
……946万5000円/793万4650円

高級車という“直球勝負”に若干の気恥ずかしさが伴う時代だからこそ、正統派なサルーンに、それもカッコよく乗りたいものである! エンジンのダウンサイジングを済ませて、次世代に備えたジャガーサルーンにあらためて乗る。

エンジンラインナップを刷新

いわゆる高価格の輸入車のうち、500万~1500万円のゾーンはメルセデス・ベンツ、BMW、アウディが圧倒的に強い。やっぱりクルマがいいし、昔からの客が多いし、店の数も多いからだ。が、最近のマセラティを見ればわかるように、キャデラックを見ればわかるように、そしてジャガーを見ればわかるように、ドイツ車一辺倒ではなくなってきた。販売台数は店舗数によるところも大きいので、日本ではドイツ車並みとはいかないが、少なくともクルマの出来栄えは肩を並べつつあると思う。味気ない話をすれば、資本が安定するとクルマはよくなるのだ。マセラティはクライスラーと手を結び、キャデラックは政府が手を差し伸べ、ジャガーはインドの財閥から資金を調達した。

資本が安定すると、具体的に何がよくなるか。クルマの肝であるエンジンを開発できる。ジャガーはそのよい例で、ここ数年でガソリンエンジンを刷新した。現在、大きく分けて3つのエンジンをラインナップする。頂点は5リッターV8直噴スーパーチャージャーエンジン。2009年にモデルチェンジした「XJ」を皮切りに採用され、「XF」や「XK」にも載る。ボトムを担うのは、フォード系2リッター直4ターボエンジン。フォード、ボルボ、ランドローバーなどのさまざまなクルマに採用されるエンジンだが、ジャガーはフラッグシップのXJに直4を載せたことで話題になった。XFにも載る。そして中間に位置するのが、一番新しい3リッターV6スーパーチャージャーエンジン。XJとXFに載る。5リッターV8スーパーチャージャーとこの3リッターV6スーパーチャージャー(2種類のチューンがある)は、間もなく登場する「Fタイプ」にも搭載される。

つまり、従来のV6NAを直4ターボに、V8NAをV6スーパーチャージャーにそれぞれ置き換え、V8スーパーチャージャーは相変わらず君臨させるという、典型的なダウンサイジングコンセプトの構成となった。従来のV8NAはスポーツカーのXKのみに残る。

では、新エンジンが搭載された2013年モデルのXFとXJについて、印象をお伝えしたい。


ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】の画像
インテリアデザインは秀逸。左右のウッドが前方へ回りこみ、個性的な空間を形作っている。
インテリアデザインは秀逸。左右のウッドが前方へ回りこみ、個性的な空間を形作っている。
試乗車のインテリアは、シートがジェット(ブラック)、ウッドトリムがグロスバーウォールナットという組み合わせ。
試乗車のインテリアは、シートがジェット(ブラック)、ウッドトリムがグロスバーウォールナットという組み合わせ。
「XJ」のホイールベースは3030mm。後席の足もとには広々とした空間が広がる。
「XJ」のホイールベースは3030mm。後席の足もとには広々とした空間が広がる。
関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入 2016.9.16 自動車ニュース ジャガーが「XJ」の2017年モデルを発表。新グレードとして「Rスポーツ」を設定したほか、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に採用。スマートフォンを利用した空調の遠隔操作などを可能とする通信機能を初導入した。
  • ジャガーXJシリーズ(6AT)【試乗記】 2003.6.12 試乗記 ジャガー XJシリーズ(6AT)

    前モデルのデザインを踏襲しつつ、アルミ合金モノコックボディの採用などで、大きく中身が変わった「ジャガーXJ」。『webCG』エグゼクティブディレクター、大川 悠が全グレードを試乗し、印象を語る。


  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • 第7回:各ブランドのフラッグシップが集結!
    輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~
    2017.3.15 JAIA輸入車試乗会2017 JAIA輸入車試乗会の会場より、webCG編集部員が気になったクルマをリポート。今回は1000万円台の高級輸入車の中から、「BMW 7シリーズ」のPHVモデル、「テスラ・モデルX」「ジャガーXJR」「アウディRS 7」の走りをお届けする。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • 第3回:「前」と「後ろ」で違った魅力
    「ジャガーXF」の乗り心地をチェック
    2016.7.20 ジャガーXF長期試乗リポート スタイリッシュなデザインやアルミを多用した軽量ボディーで話題の4ドアサルーン「ジャガーXF」は、どんな乗り心地なのだろうか? 初めてステアリングを握ったwebCGスタッフが、その印象を報告する。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【海外試乗記】 2013.9.2 試乗記 最高出力550psの「XJR」に試乗。圧倒的なパワーを独自の思慮と見識で御すその走りに、ジャガーならではの懐の深さを感じた。
ホームへ戻る