プジョー208GTi(FF/6MT)

「ホットハッチ」のあるべき姿 2013.05.15 試乗記 合言葉は「GTi is Back」。小柄なボディーに200psのターボエンジンを積んだ「プジョー208GTi」に、南仏はニースで試乗した。

「GTi」の文字に込められた思い

プジョーにおけるホットハッチとは、それすなわち「GTi」である。

……と、そのイメージは80年代の半ばに登場した「205」シリーズによって醸成された。WRCのグループBカテゴリー参戦を機にホモロゲーションモデルとして製作された「ターボ16」の印象は飛び抜けて強烈だが、そのイメージを上手に引き継いだ「205GTi」は相前後するラリーフィールドでの活躍とイメージをシンクロさせ、プジョー屈指のスポーツグレードとして一世を風靡(ふうび)、日本でも多くの台数が販売された。

新しい「208GTi」を説明するにあたって、プジョーが用意したキャッチフレーズは「GTi is Back」だ。言うまでもなく、それは205GTiの再来を意味している。「206」「207」の世代ではヨーロッパ市場の好況も手伝ってのことだろう、GTiの前後にはよりラグジュアリーな「GT」や、よりスポーティーな「RC」というグレードが用意され、シリーズ全体の付加価値向上が図られていた。日本でもRCがGTiの実質後継としてフィーチャーされたりで、ユーザー側の混乱を招いていたのは事実だ。
ご存じの通り、208シリーズは大胆な軽量化と共にボディーサイズもやや小さくなり……と、Bセグメントらしい成り立ちに立ち戻ったクルマに仕上がっている。この体躯(たいく)を利して、体育会系モデルの方も原点回帰を図ろうというのがプジョー側の意向なのだろう。とがったニーズに特化するのではなく、万人が毎日幅広く楽しめる軽快なスポーツ。それこそ、ホットハッチの本分を忠実に全うするという、その決意がGTiのバッジには込められている。

日本でも人気を博した「プジョー205GTi」。年式によってエンジンは異なるが、後期型は1.9リッターの4気筒SOHCを搭載。最高出力120ps(AT仕様は100ps)を発生し、1トンに満たないボディーを軽快に走らせた。
200psのターボエンジンを積んだ「208GTi」。外観では、ホイールやエンブレム、専用デザインのグリルなどが目印となっている。
グラデーションの入った赤い加飾パネルが特徴的なインテリア。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

208の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
ホームへ戻る