フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)

お年寄りからマニアまで 2013.08.04 試乗記 傑作との評判高い7代目「ゴルフ」。ファーストインパクトが鎮まった今、あらためて「TSIハイライン」とデートを試みてみた。

もはやラグジュアリーホテル

6月に日本へ導入された7代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がいろいろなところでベタ褒めされている。何度かふれた感じでは、確かに傑作だと思う。6代目をじわじわと改良したというよりも、ポンとひとつ上のクラスに移ってしまったぐらいの進化を果たした。
本来の意味での純正カーナビが完成する今年の冬まで待ったほうがいいとは思うものの、友人、親戚から向こう三軒両隣まで、「ゴルフってどうですか?」と尋ねられたら自信を持ってお薦めできる。

とはいえ、ここまで大絶賛されると「それほどだったかな……」という疑念も湧いてくる。最初のデートと同じで、コーフン状態に陥って何割増しかで感動した可能性はないか。あと、「万人受けするわけだから、すぐ飽きるんじゃないの」とも思う。
というわけで、ファーストインパクトが鎮まった今、最高出力140psの1.4リッターターボユニット搭載の「ゴルフTSIハイライン」と何度目かのデートを試みてみた。

新型ゴルフに乗り込んで感じるのは、広くて立派だということ。従来型に比べて全高は28mm低くなっているけれど、天井が低くて圧迫感をおぼえることはない。膝まわりのスペースを15mm拡大したという後席は、「余裕をもって座れる」から「くつろいで座れる」へとレベルアップしている。
インテリアに使われるツヤツヤのピアノブラックのマテリアルといい、ドライバーに向けられたセンターコンソールによる囲まれ感といい、もはやビジネスホテルではなく、ラグジュアリーホテルだ。

「もてなされている」という感覚は、スタートするとさらに強まる。乗り心地が抜群にいいのだ。
街中でのスピードから高速まで、速度域と路面の状況を問わずタイヤと地面が接する感触がシルキー。1.2リッターターボエンジン搭載仕様ではトーションビームになるリアサスペンションが、1.4リッターターボエンジン搭載の「ゴルフTSIハイライン」では、マルチリンクを採用する(フロントはともにマクファーソンストラット)。ただし1.2リッター仕様も乗り心地で劣った記憶はない。
サスペンションの形式よりも大きな違いを感じたのが、「ゴルフTSIハイライン」ではオプションで装着できるアダプティブシャシーコントロール“DCC”だ。パワーステアリングの設定やショックアブソーバーの減衰力を電子制御するシステムで、走行モードを「ノーマル」「コンフォート」「スポーツ」の3種類から選ぶことができる。
市街地で「コンフォート」を選べば快適至極、高速道路やワインディングロードで「スポーツ」にセットすると、操作フィーリングはキュッと引き締まる。

カーナビはセンターパネルのモニターに表示されるのではなく、独立したユニットのものがディーラーオプション(8万5050円)として用意される。
カーナビはセンターパネルのモニターに表示されるのではなく、独立したユニットのものがディーラーオプション(8万5050円)として用意される。
「アダプティブシャシーコントロール“DCC”」の操作はシフトレバー左側のボタンと、センターパネルのモニターで行う。
「アダプティブシャシーコントロール“DCC”」の操作はシフトレバー左側のボタンと、センターパネルのモニターで行う。
「TSIハイライン」に搭載されるエンジンは1.4リッター直4ターボ。140psと25.5kgmを発生する。
「TSIハイライン」に搭載されるエンジンは1.4リッター直4ターボ。140psと25.5kgmを発生する。

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る