フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)

お年寄りからマニアまで 2013.08.04 試乗記 傑作との評判高い7代目「ゴルフ」。ファーストインパクトが鎮まった今、あらためて「TSIハイライン」とデートを試みてみた。

もはやラグジュアリーホテル

6月に日本へ導入された7代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がいろいろなところでベタ褒めされている。何度かふれた感じでは、確かに傑作だと思う。6代目をじわじわと改良したというよりも、ポンとひとつ上のクラスに移ってしまったぐらいの進化を果たした。
本来の意味での純正カーナビが完成する今年の冬まで待ったほうがいいとは思うものの、友人、親戚から向こう三軒両隣まで、「ゴルフってどうですか?」と尋ねられたら自信を持ってお薦めできる。

とはいえ、ここまで大絶賛されると「それほどだったかな……」という疑念も湧いてくる。最初のデートと同じで、コーフン状態に陥って何割増しかで感動した可能性はないか。あと、「万人受けするわけだから、すぐ飽きるんじゃないの」とも思う。
というわけで、ファーストインパクトが鎮まった今、最高出力140psの1.4リッターターボユニット搭載の「ゴルフTSIハイライン」と何度目かのデートを試みてみた。

新型ゴルフに乗り込んで感じるのは、広くて立派だということ。従来型に比べて全高は28mm低くなっているけれど、天井が低くて圧迫感をおぼえることはない。膝まわりのスペースを15mm拡大したという後席は、「余裕をもって座れる」から「くつろいで座れる」へとレベルアップしている。
インテリアに使われるツヤツヤのピアノブラックのマテリアルといい、ドライバーに向けられたセンターコンソールによる囲まれ感といい、もはやビジネスホテルではなく、ラグジュアリーホテルだ。

「もてなされている」という感覚は、スタートするとさらに強まる。乗り心地が抜群にいいのだ。
街中でのスピードから高速まで、速度域と路面の状況を問わずタイヤと地面が接する感触がシルキー。1.2リッターターボエンジン搭載仕様ではトーションビームになるリアサスペンションが、1.4リッターターボエンジン搭載の「ゴルフTSIハイライン」では、マルチリンクを採用する(フロントはともにマクファーソンストラット)。ただし1.2リッター仕様も乗り心地で劣った記憶はない。
サスペンションの形式よりも大きな違いを感じたのが、「ゴルフTSIハイライン」ではオプションで装着できるアダプティブシャシーコントロール“DCC”だ。パワーステアリングの設定やショックアブソーバーの減衰力を電子制御するシステムで、走行モードを「ノーマル」「コンフォート」「スポーツ」の3種類から選ぶことができる。
市街地で「コンフォート」を選べば快適至極、高速道路やワインディングロードで「スポーツ」にセットすると、操作フィーリングはキュッと引き締まる。

カーナビはセンターパネルのモニターに表示されるのではなく、独立したユニットのものがディーラーオプション(8万5050円)として用意される。
「アダプティブシャシーコントロール“DCC”」の操作はシフトレバー左側のボタンと、センターパネルのモニターで行う。
「TSIハイライン」に搭載されるエンジンは1.4リッター直4ターボ。140psと25.5kgmを発生する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る