トヨタが新型「ノア」「ヴォクシー」を“予告”【東京モーターショー2013】

2013.11.05 自動車ニュース
「トヨタ・ノア コンセプト」(標準仕様・ハイブリッド車)
「トヨタ・ノア コンセプト」(標準仕様・ハイブリッド車)

【東京モーターショー2013】トヨタが新型「ノア」「ヴォクシー」を“予告”

トヨタ自動車は第43回東京モーターショー2013(会期:2013年11月20日~12月1日)で、新型「ノア」および「ヴォクシー」の“予告編”となるコンセプトカー「ノア コンセプト」「ヴォクシー コンセプト」を公開する。市販モデルは2014年の年初に発売される予定。

「トヨタ・ノア コンセプト」
「トヨタ・ノア コンセプト」
「トヨタ・ヴォクシー コンセプト」(エアロ仕様・ガソリン車)
「トヨタ・ヴォクシー コンセプト」(エアロ仕様・ガソリン車)
「トヨタ・ヴォクシー コンセプト」
「トヨタ・ヴォクシー コンセプト」

■1.8リッターハイブリッド仕様が登場

新型には新開発の低床フロアを採用し、クラストップレベルの広い室内空間や優れた乗降性を実現した。7人乗り仕様車には、2列目にクラス初となる超ロングスライドのキャプテンシート(1人掛け専用座席)が備わり、多彩なシートアレンジが可能となっている。

パワーユニットでは、2リッターのガソリンエンジンに加え、1.8リッターエンジンで構成されるハイブリッドシステム搭載車が「ヴォクシー」「ノア」両モデルに設定されるのが見どころ。駆動用バッテリーの適正な配置により、ミニバンならではの高いスペースユーティリティーを維持したまま、従来型を超える低燃費と走行距離を実現したとうたわれる。

エクステリアデザインのコンセプトは、両モデルとも「エモーショナルボックス」というもの。基本的なフォルムを、車外からでも室内の広さがわかる力強いハコ(箱)としたうえで、それぞれのモデルに合った個性を付与した。
ノア コンセプト(標準仕様・ハイブリッド車)では、コンパクトミニバンの王道を行くような堂々とした雰囲気をフロントマスクで表現。一方、ヴォクシー コンセプト(エアロ仕様・ガソリン車)では、エアロパーツで低重心かつ幅広な感じを演出し、存在感を強調したとのことだ。

ボディー寸法は、ノアが全長4695×全幅1695×全高1825mmで、ヴォクシーが全長4710×全幅1730×全高1825mm。ホイールベースはいずれも2850mm。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る