トヨタが新型「ノア」「ヴォクシー」を“予告”【東京モーターショー2013】

2013.11.05 自動車ニュース
「トヨタ・ノア コンセプト」(標準仕様・ハイブリッド車)
「トヨタ・ノア コンセプト」(標準仕様・ハイブリッド車)

【東京モーターショー2013】トヨタが新型「ノア」「ヴォクシー」を“予告”

トヨタ自動車は第43回東京モーターショー2013(会期:2013年11月20日~12月1日)で、新型「ノア」および「ヴォクシー」の“予告編”となるコンセプトカー「ノア コンセプト」「ヴォクシー コンセプト」を公開する。市販モデルは2014年の年初に発売される予定。

「トヨタ・ノア コンセプト」
「トヨタ・ノア コンセプト」
「トヨタ・ヴォクシー コンセプト」(エアロ仕様・ガソリン車)
「トヨタ・ヴォクシー コンセプト」(エアロ仕様・ガソリン車)
「トヨタ・ヴォクシー コンセプト」
「トヨタ・ヴォクシー コンセプト」

■1.8リッターハイブリッド仕様が登場

新型には新開発の低床フロアを採用し、クラストップレベルの広い室内空間や優れた乗降性を実現した。7人乗り仕様車には、2列目にクラス初となる超ロングスライドのキャプテンシート(1人掛け専用座席)が備わり、多彩なシートアレンジが可能となっている。

パワーユニットでは、2リッターのガソリンエンジンに加え、1.8リッターエンジンで構成されるハイブリッドシステム搭載車が「ヴォクシー」「ノア」両モデルに設定されるのが見どころ。駆動用バッテリーの適正な配置により、ミニバンならではの高いスペースユーティリティーを維持したまま、従来型を超える低燃費と走行距離を実現したとうたわれる。

エクステリアデザインのコンセプトは、両モデルとも「エモーショナルボックス」というもの。基本的なフォルムを、車外からでも室内の広さがわかる力強いハコ(箱)としたうえで、それぞれのモデルに合った個性を付与した。
ノア コンセプト(標準仕様・ハイブリッド車)では、コンパクトミニバンの王道を行くような堂々とした雰囲気をフロントマスクで表現。一方、ヴォクシー コンセプト(エアロ仕様・ガソリン車)では、エアロパーツで低重心かつ幅広な感じを演出し、存在感を強調したとのことだ。

ボディー寸法は、ノアが全長4695×全幅1695×全高1825mmで、ヴォクシーが全長4710×全幅1730×全高1825mm。ホイールベースはいずれも2850mm。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
ホームへ戻る