ルノー、新車攻勢はまだまだ続く【東京モーターショー2013】

2013.11.20 自動車ニュース
ルノーブースの様子。写真中央は、コンセプトモデル「デジール」とルノー・ジャポンの大極 司社長。
ルノーブースの様子。写真中央は、コンセプトモデル「デジール」とルノー・ジャポンの大極 司社長。

【東京モーターショー2013】ルノー、新車攻勢はまだまだ続く

ルノー・ジャポンは、2013年11月20日のプレスデイで開幕した「東京モーターショー2013」に、新型車「キャプチャー」やコンセプトモデル「デジール」などを出展した。

来春の発売が予定されている新型車「ルノー・キャプチャー」(下写真も)
来春の発売が予定されている新型車「ルノー・キャプチャー」(下写真も)

ルノー、新車攻勢はまだまだ続く【東京モーターショー2013】の画像
会場には、ルノーのチーフデザイナーであるローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏(写真右)も姿を見せ、「キャプチャー」のデザインについて説明した。
会場には、ルノーのチーフデザイナーであるローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏(写真右)も姿を見せ、「キャプチャー」のデザインについて説明した。

ルノーがここのところ掲げる開発テーマは「サイクル・オブ・ライフ」。いわく、人生にはさまざまなステージがあるものの、ユーザーがどのステージにあってもぴったりのルノー車を見つけられるようなラインナップの充実を図っている。
プレスカンファレンスの冒頭であいさつに立ったルノー・ジャポンの大極 司社長は、「『ルーテシア』、『ルーテシアR.S.』、そして『カングー』の特別仕様車など、矢継ぎ早のニューモデル投入によって、直近3カ月の販売台数は35%の伸び」と日本市場での好調ぶりを強調した。

ジャパンプレミアはコンパクトクロスオーバーの「キャプチャー」。前回の東京モーターショー(2011年)にも同名のコンセプトカーが出展されたが、今回はその市販バージョンである。
全長×全幅×全高=4125×1780×1565mm。1.2リッター直4ターボエンジン(最高出力120ps/4900rpm、最大トルク19.4kgm/2000rpm)と6段のデュアルクラッチ式トランスミッションを搭載する。チーフデザイナーのローレンス・ヴァン・デン・アッカーは「サイクル・オブ・ライフに当てはめると、“ルーテシアで恋に落ちたふたりに家族ができ、冒険へ出掛けるステージ”にぴったりのクルマ」と話す。

2014年1月31日に予約が開始される予定。2グレードあり、価格はベーシックの「キャプチャー ゼン」が249万8000円、上級の「キャプチャー インテンス」が259万8000円。

(文=塩見 智/webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。