スバルが新型「WRX STI」を発表【デトロイトショー2014】

2014.01.15 自動車ニュース
「スバルWRX STI」(米国仕様)
「スバルWRX STI」(米国仕様)
    拡大

【デトロイトショー2014】スバルが新型「WRX STI」を発表

富士重工業は2014年1月15日、北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー、会期:2014年1月13日~26日、一般公開日は1月18日から)において、新型「スバルWRX STI」(米国仕様車)を発表した。

■地道な改良の積み重ねでシャシー性能を向上

新型WRX STIは、2013年のLAショーで発表された新型「WRX」をベースに、2.5リッター水平対向4気筒ターボエンジンや、より剛性を向上させた専用サスペンション、センターデフの制御特性を選択できる「マルチモードDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)」などを採用した高性能モデルである。

商品コンセプトは、ベースとなったWRXと同じ「Pure Power in Your Control」。「絶対的な速さを意のままに操る」という開発テーマを実現するため、ボディーの軽量化と剛性の向上、シャシー性能の強化などを徹底的に追及したという。

具体的には、ボディーとサスペンション各部の剛性を高め、サスペンションジオメトリーの最適化をはかることで、ステアリング操作に対する車両の反応を素早くするとともに、コーナリングにおける限界性能を向上。ステアリングシステムには新たに電動式を採用しており、ギア比のクイック化(15:1→14.5:1)や、硬いギアボックスマウントブッシュの採用などによって、より正確な操舵(そうだ)性を実現したという。

また、「マルチモードVDC」をはじめ、運動性能に関連する機能装備を積極的に採用。ベースモデルのWRXと同じく、コーナリング時にフロント内輪側にブレーキをかけることでアンダーステアを抑制する「アクティブトルクベクタリング」機構を新たに装備した。

一方、パワーユニットについては基本的に従来モデル(米国仕様)と共通。WRXが256psの2リッター直噴ターボエンジンを搭載しているのに対し、WRX STIは最高出力305hp/6000rpm、最大トルク40.1kgm/4000rpmの2.5リッター水平対向4気筒ターボエンジンを採用している。また、トランスミッションは6段MTのみの設定で、従来モデルのMTに対して「節度感、吸い込み感を向上し、よりスポーティーなシフトフィーリングとした」とのこと。

これらの改良により、新型WRX STIは加速性能や旋回性能などが、従来モデルから大幅に向上しているという。

主要諸元
・全長×全幅×全高:4595×1795×1475mm
・ホイールベース:2650mm
・エンジン:2.5リッター水平対向4気筒ターボ
・最高出力:305hp/6000rpm
・最大トルク:40.1kgm/4000rpm
・トランスミッション:6段MT
・タイヤサイズ:245/40R18
・乗車定員:5名

(webCG)
 

関連キーワード:
WRX STIスバルデトロイトモーターショー2014イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STIタイプRA-RNEW 2018.7.19 画像・写真 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念して登場したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。「軽さ」「速さ」「愉(たの)しさ」をテーマに掲げ、スポーティネスに特化した500台の限定モデルを、写真で紹介する。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • 谷口信輝の新車試乗――スバルWRX STIタイプS(前編) 2017.12.14 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「スバルWRX STI」である。2017年5月のビッグマイナーチェンジを経てさらなる熟成が進んだスバルきってのスポーツモデルに、今あらためて谷口が挑む!
  • 谷口信輝の新車試乗――スバルWRX STIタイプS(後編) 2017.12.21 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「スバルWRX STI」に試乗する。ドライブトレインや足まわりの熟成が一段と進んだ最新型のフットワークやいかに? 谷口視点でクールに解説する!
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
ホームへ戻る