スバルが新型「WRX STI」を世界初公開【東京オートサロン2014】

2014.01.10 自動車ニュース
ニュルブルクリンク24時間耐久レースに投入予定の、新型「スバルWRX STI」のレース車両。
ニュルブルクリンク24時間耐久レースに投入予定の、新型「スバルWRX STI」のレース車両。

【東京オートサロン2014】スバルが2014年のモータースポーツ計画を発表

富士重工業と、同社のモータースポーツ事業を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)は、2014年1月10日に千葉県・幕張メッセで開幕した「東京オートサロン2014 with NAPAC」において、2014年のモータースポーツ活動の概要を発表。同時に、新型「スバルWRX STI」をベースとしたニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車を世界初公開した。


スバルが新型「WRX STI」を世界初公開【東京オートサロン2014】の画像
新型「WRX STI」の競技車両について、「市販車がデトロイトで公開される前なので、新型WRX STIのお披露目は今回が世界初。やはり日本のファンの前で初公開したかった」と語るSTIの辰己英治氏。
新型「WRX STI」の競技車両について、「市販車がデトロイトで公開される前なので、新型WRX STIのお披露目は今回が世界初。やはり日本のファンの前で初公開したかった」と語るSTIの辰己英治氏。

■ニュルブルクリンク24時間耐久レース

スバルはニュルブルクリンク24時間耐久レースに、2008年の初出場以来7年連続で参戦している。2011年と2012年には2リッター以下のターボ車で争われる「SP3T」クラスで優勝、2013年にはクラス2位という成績をおさめている。

今季の目標は、もちろんクラス優勝の奪還である。そのためにスバルは新型WRX STIをベースとしたまったく新しい参戦車両を開発。4月、5月に開催されるVLN耐久レース2戦に参戦してマシンのセットアップをはかり、万全の態勢でニュルブルクリンクに挑むとしている。

ドライバーには吉田寿博選手、佐々木孝太選手に加え、欧州のドライバー2名を起用。STIの社員やスバル特約店の選抜メカニックらで構成されるチームと車両開発を統括するのは、これまでと同じく辰己英治監督である。辰巳監督は今季のニュルブルクリンクについて「SP3Tクラスはドイツ勢が増えて激戦となるだろうが、必ずクラス優勝を奪還する」と抱負を述べた。

「スバルBRZ GT300」
「スバルBRZ GT300」
2013年に続いて「BRZ GT300」をドライブする佐々木孝太選手。
2013年に続いて「BRZ GT300」をドライブする佐々木孝太選手。

■SUPER GT GT300クラス

スバルは2014年のSUPER GT GT300クラスに、昨年同様「BRZ GT300」で参戦。全8戦中ポールポジション5回、8月の鈴鹿1000kmでは参戦2年目にしてクラス優勝も果たした2013年仕様をベースに、さらなる改良を施した車両を投入する。

総監督はニュルブルクリンク24時間耐久レースと同じくSTIの辰己英治氏が、チーム運営はこれまでと同じく「R&D SPORT」が担当する。一方、ドライバーは継続起用となる佐々木孝太選手に加え、2013年シーズンを最後に引退した山野哲也選手に代わって、井口卓人選手と契約。新たな布陣で2014年シーズンはシリーズ優勝を目指す。

右から井口卓人選手、佐々木孝太選手、STIモータースポーツプロジェクト室長の辰己英治氏、STIパワーユニット技術部主査の小澤正弘氏、吉田寿博選手。
右から井口卓人選手、佐々木孝太選手、STIモータースポーツプロジェクト室長の辰己英治氏、STIパワーユニット技術部主査の小澤正弘氏、吉田寿博選手。

■その他のカテゴリー

2013年に続き、FIA世界ラリー選手権のWRC-2クラスにスバル車で出場するエントラントを対象に、上位入賞者を表彰する「SUBARUチャレンジアワード」を設定。またヨーロッパラリー選手権(ERC)に参戦するドライバーへの支援についても、これまでと同様に継続するとしている。

また、2013年にスタートしたワンメイクレース「GAZOOレーシング 86/BRZレース」についても支援を継続。各イベントにSTIがサービスチームを派遣し、スバルユーザーのサポートを行うとしている。

(webCG)

→新型「WRX STI」競技車両のより詳細な写真はこちら
→「スバル・レヴォーグ」カスタマイズモデルの写真はこちら
 

関連キーワード:
WRX STIスバル東京オートサロン2014モータースポーツイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • スバルWRX STI S207(4WD/6MT)【試乗記】 2015.12.19 試乗記 高性能スポーツセダンの「スバルWRX STI」をベースに、エンジン、制御システム、ボディー、シャシー、内外装と、STIが余すところなく独自の改良を施したコンプリートカー「S207」。400台限定のスペシャルモデルならではの、“ツルシのWRX STI”との違いを明らかにする。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
ホームへ戻る