トップ > ニュース >6代目「スバル・レガシィ」世界初公開 (2014.2.7)
「スバル・レガシィ」(写真は北米仕様車)

6代目「スバル・レガシィ」世界初公開

富士重工業は2014年2月6日(現地時間)、アメリカ国内で開催されているシカゴオートショーにおいて、「スバル・レガシィ」の新型(北米仕様車)を発表した。

シカゴオートショーにおける、新型「レガシィ」お披露目の様子。




今回お披露目されたセダン型の「レガシィ」は、1989年の初代誕生以来、6代目となるモデル。商品コンセプトは「デザインとエンジニアリングの高次元での融合」で、スポーティーな走りの楽しさを生むすべての要素を、高い次元で融合させることを目指し、開発したという。

ボディーのサイズは全長×全幅×全高=4796×1840×1500mmで、先代モデルの北米デビュー時(同4735×1820×1505mm)に比べ、61mm長く、20mm幅広く、5mmだけ背が低い。ホイールベースは2750mm。歴代スバル車にも見られる「ヘキサゴングリル」や「ホークアイランプ」、先にデビューした新型ワゴン「レヴォーグ」を連想させる“コの字型”ランプなどが、デザイン上の特徴だ。

コンフォート&スポーティーをキーワードに開発されたインテリアは、ブラックとアイボリーの2タイプ。センターディスプレイや、ブルーリング照明を持つ2眼式メーターとカラー液晶からなる計器盤、Harman/Kardonスピーカーシステムなどを装備する。
ドア構造の合理化やルーフ部車体骨格の見直しなどにより、外寸以上に室内空間が広くなったこと、前席の左右シート間距離や後席の足元スペースにおけるゆとりが増したこと、さらに見晴らしのいいシートポジションなどがセリングポイントとなっている。

一方の機関面では、サスペンションの作動フリクションを低減するとともに、その取り付け部の剛性をアップ。さらに「アクティブトルクベクタリング」を採用し、旋回性能、操舵(そうだ)応答性を向上するなどした。パーキングブレーキは、5代目から採用された電動式。ただし、リアブレーキキャリパー内蔵式とすることで、応答性と静粛性を高めたという。

エンジンはもちろん、スバル伝統の水平対向エンジンで、自然吸気の2.5リッター4気筒(177ps<175hp>/5600rpm、24.1kgm/4100rpm)と、同じく自然吸気の3.6リッター6気筒(260ps<256hp>/6000rpm、34.2kgm/4400rpm)の2本立て。トランスミッションはともに「リニアトロニック」(CVT)で、特に後者には、高トルク型のものが用意される。

安全性能も抜かりなく、新たなステレオカメラを得て視野角および視認距離を約40%拡大した「EyeSight」や、コーナリング時に片側のフォグランプを自動点灯させ夜間の視認性を向上させる「SRF(ステアリング・レスポンシブ・フォグランプ)」、車線変更時や後退時の衝突を回避するための後側方視界支援機能などが与えられる。

(webCG)

→新型「レガシィ」のさらに詳しい写真はこちら

mobileCGご紹介

週間アクセスランキング (ニュース)

注目の情報[PR]