新型スポーツカー「マクラーレン650S」日本上陸

2014.04.01 自動車ニュース
「マクラーレン650S クーペ」
「マクラーレン650S クーペ」

新型スポーツカー「マクラーレン650S」日本上陸

マクラーレン・オートモーティブは、新型スポーツカー「マクラーレン650S クーペ/650S スパイダー」を日本に導入。2014年4月1日に発売した。

こちらはオープンバージョン「650S スパイダー」。
こちらはオープンバージョン「650S スパイダー」。
リアビュー。リアエンドの下部には空力性能を高めるディフューザーが備わる。
リアビュー。リアエンドの下部には空力性能を高めるディフューザーが備わる。
インテリアは、アルカンターラずくめ。オプションでフルレザー仕様も選択できる。
インテリアは、アルカンターラずくめ。オプションでフルレザー仕様も選択できる。
キャビンの後ろに搭載される、3.8リッターV8ツインターボ「M838T」ユニット。
キャビンの後ろに搭載される、3.8リッターV8ツインターボ「M838T」ユニット。

新型スポーツカー「マクラーレン650S」日本上陸の画像

650S クーペ/650S スパイダーは、2014年3月のジュネーブモーターショーで発表された、マクラーレンの新型スポーツカー。日本国内で披露されるのは、今回が初となる。

クルマとしての成り立ちは、基本的に他のマクラーレン車と同様。定員2人のカーボン製キャビンを核とする“カーボン・ファイバー・シャシー”に、強力なパワーユニットをミドシップする、超高性能スポーツカーである。
ボディーサイズは、開発の元となった「12C/12C スパイダー」に準ずるもので、クローズドボディーのクーペの場合で全長×全幅×全高=4512×2093×1199mmと、12C(同4509×2093×1203mm)との違いはごくわずか。ホイールベースは変わらず、2670mm。一方で、ブーメラン型のLEDヘッドランプなど、ハイブリッド・スーパースポーツ「P1」を思わせるディテールは、12Cとの明らかな相違点となっている。
インテリアも、基本的に12C/12C スパイダーのデザインが踏襲されるものの、表皮にアルカンターラを採用するなど、一段と高級感が演出されている。

エンジンは、12Cのものと基本を同じくする、ツインターボ付きの3.8リッターV8ユニット。さらなるチューニングが施された結果、12Cに50psと7.9kgmの上乗せとなる、最高出力650ps/7250rpmと最大トルク69.1kgm/6000rpmを発生する。
トランスミッションはデュアルクラッチ式の7段ATのみで、駆動方式はMR。最高速はクーペで333km/h、スパイダーで329km/h。0-100km/hの加速タイムはともに3.0秒と伝えられる。燃費にも差はなく、約8.5km/リッター(欧州複合サイクルモード)を記録する。

足まわりのセッティングは、ノーマル/スポーツ/トラックの3つのモードが用意され、パワートレインについても、ウインター/ノーマル/スポーツ/トラックから選択可能。
これら走りを支えるハイテクに加えて、電動ステアリングコラムやリアパーキングカメラ、Bluetooth対応のカーナビ、ワイヤレス・テザリングといった快適装備が用意されるのも、セリングポイントとなっている。

日本国内での価格は、650S クーペが3160万円で、650S スパイダーが3400万円(8%の消費税を含む)。2014年5月には、デリバリーが開始される見通しだ。
なお、これまで扱われていた12Cについては、日本で販売されるのは在庫限り。そのポジションは650Sに受け継がれることになる。

(webCG 関)

→「マクラーレン650S クーペ/650S スパイダー」のさらに詳しい写真はこちら

関連記事
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る