新型「スバル・アウトバック」北米で世界初公開【ニューヨークショー2014】

2014.04.18 自動車ニュース
「スバル・アウトバック」
「スバル・アウトバック」

【ニューヨークショー2014】新型「スバル・アウトバック」北米で世界初公開

富士重工業は、ニューヨーク国際オートショー(会期:2014年4月16日~27日、一般公開は4月18日以降)において、「アウトバック」(日本名:レガシィアウトバック)の新型を公開した。

発表会でのひとこま。新型「アウトバック」の傍らに立つのは、(写真左から)スバル・オブ・アメリカのトーマス J.ドール社長兼COO、富士重工業の吉永泰之社長。
発表会でのひとこま。新型「アウトバック」の傍らに立つのは、(写真左から)スバル・オブ・アメリカのトーマス J.ドール社長兼COO、富士重工業の吉永泰之社長。
 
新型「スバル・アウトバック」北米で世界初公開【ニューヨークショー2014】の画像
 
新型「スバル・アウトバック」北米で世界初公開【ニューヨークショー2014】の画像

■さらに力強く、上質に

アウトバックは、“SUVらしいキャラクター”が持ち味とされている、「レガシィ」シリーズのクロスオーバー型ワゴン。スバルブランドのクロスオーバー車としては、最上級にあたるモデルだ。

スバルは、その最新型をデザインするにあたり、“アクティブなライフスタイルのパートナーにふさわしい力強さと高い質感”を追求したという。
ホークアイ型のヘッドランプやヘキサゴングリルなど、他のスバル車にも見られるディテールを盛り込みつつ、張りのあるフェンダーパネル、ボディー下部のプロテクションパネル、大型フォグランプ、新たにロープフックを追加したルーフレールを採用。アウトバック特有のスタイリングを、さらに進化させたとアピールされる。

今回発表された北米仕様車のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4817×1840×1680mmで、ホールベースが2745mm。「外寸の拡大は車両の取り回しに影響がないレベルにとどめる一方で、ドアサッシュの薄肉化やルーフ部の骨格を見直し、十分な室内空間を確保した」とは、スバルの弁である。

インテリアは、「コンフォート&スポーティー」がテーマ。表面がソフトなダッシュボードやクッション厚を増したアームレストを与えるなどして、上質さ、快適さを格段に向上させつつ、スポーティーなドライバーズエリアを演出。インフォテインメントの楽しさも提供できる、新世代インテリアを実現したという。

 
新型「スバル・アウトバック」北米で世界初公開【ニューヨークショー2014】の画像
 
新型「スバル・アウトバック」北米で世界初公開【ニューヨークショー2014】の画像
 
新型「スバル・アウトバック」北米で世界初公開【ニューヨークショー2014】の画像
 
新型「スバル・アウトバック」北米で世界初公開【ニューヨークショー2014】の画像

■走りの機能もレベルアップ

走りに関するポイントとしては、ボディーおよびサスペンション取り付け部の剛性アップや、ステアリングのギア比の変更(16.5:1→14.0:1)が挙げられる。さらに、ブレーキシステムを含む多くの点を見直すことで「豊かなロードクリアランスと操縦安定性を、より高い次元で両立させた」(プレスリリース)。リアブレーキ内蔵型の電動パーキングブレーキや、コーナリング性能を高めるアクティブトルクベクタリング機能の採用も新しい。

なお、スバルのアイデンティティーたる水平対向エンジンは、いずれも自然吸気の、2.5リッター4気筒(175hp/5800rpm、24.1kgm/4000rpm)と3.6リッター6気筒(256hp/6000rpm、34.2kgm/4400rpm)。ともにトランスミッションは、スバル独自のCVT「リニアトロニック」が組み合わされる。

ステレオカメラの基本性能がアップした「アイサイト」や、夜間のコーナリング時に片側のフォグランプを点灯させる「SRF(Steering Responsive Fog Lights)」、各種の「後側方視界支援機能」など、安全装備の充実もセリングポイントとなっている。

新型アウトバックは、2014年内に日本でも発売される見通し。

(webCG)

→新型「スバル・アウトバック」のさらに詳しい写真はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィアウトバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • スバル・フォレスターS-Limited/フォレスター2.0i-L EyeSight/フォレスター2.0XT EyeSight【試乗記】 2015.10.22 試乗記 スバルの屋台骨を支えるミドルサイズSUV「フォレスター」が、デビューから3年を経てマイナーチェンジを受けた。安全装備の強化や内外装の変更、シャシー性能の向上など、全方位的に改良されたという同車の実力を、テストコースで試す。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
ホームへ戻る