第345回:大矢アキオ式 ああ悠久の北京ショー(前編)
ラストエンペラーなあのクルマ

2014.05.02 エッセイ

福田風景というバン

第13回北京モーターショーが2014年4月29日に閉幕した。
今回会場では、大都市の大気汚染対策と、それに伴うエコカー買い替え政策を見据えたハイブリッド車が各社から積極的に出展されていた。同時に、一人っ子政策で大切に育てられ、従来世代と違う価値観をもつ新世代をターゲットにしたSUV&クロスオーバーも百花繚乱(りょうらん)となった。
それらに関しては、すでに他のリポートで報じられているので、本欄では、なかなか報じられることのない、大矢アキオ視点の北京ショーを記すことにしよう。

北京ショーは商用車も包括していて、その展示スペースは屋外に割り当てられている。そこを散策していて、思わず足をとめてしまったのは、「福田(フートン)汽車」のコーナーである。同社製バン「風景(フンジン)」の新型「G7」が展示されていた。

風景のデビューは17年前である。先代は明らかに「トヨタ・ハイエース」を参考にしたデザインで知られていた。それでもカタログには、2005年の宇宙船「神舟6号」の乗組員地上輸送に正式採用されたことをはじめ、軍・官公庁、さらに映画撮影用(いわゆるロケバスと思われる)に至るまで幅広く使われてきたことが、誇らしげに記されている。

新型はというと、やはりハイエース風であった。乗用車やコンセプトカーはオリジナリティーあふれるデザインが主流となりつつあり、もはや露骨なコピー車は格段に減ったのと対照的である。
しかしながら、内装を見せてもらうと、先代より立派になっている。思えば4年前、貧乏旅行のため初めてこの国の土を踏んだとき、旅行代理店を通じて頼んでおいた空港からホテルまでの送迎車は福田風景であった。

将来、もっと「アルファード」風に豪華になっていき、いつしか日本のように著名芸能人や政治家が移動のために使うようになるのか?
たとえ「なんちゃってハイエース」といわれようと、ボクが中国大陸で初めて乗ったクルマであることは変わらないわけで、いつか福田風景がさらに立派になってもその存在は気になることだろう。

北京モーターショー2014の会場から。奇瑞の近未来セダンを示唆する「コンセプト アルファ」のプレゼンテーション。
北京モーターショー2014の会場から。奇瑞の近未来セダンを示唆する「コンセプト アルファ」のプレゼンテーション。
モデルチェンジした福田汽車のワンボックスバン「風景G7」。エンジンは2リッターガソリンと、2.7リッターディーゼルの2本立て。変速機は手動5段のみ。
モデルチェンジした福田汽車のワンボックスバン「風景G7」。エンジンは2リッターガソリンと、2.7リッターディーゼルの2本立て。変速機は手動5段のみ。
「風景G7」の室内。ハイヤーなどで、中国で福田風景にお世話になる人は、意外に多い。
「風景G7」の室内。ハイヤーなどで、中国で福田風景にお世話になる人は、意外に多い。
紅旗のブース。メインステージには、高級シリーズL系のショートホイールベース版「L5」が2台展示されていた。
紅旗のブース。メインステージには、高級シリーズL系のショートホイールベース版「L5」が2台展示されていた。
若者たちが熱心に紅旗をカメラに収める光景が印象的だった。
若者たちが熱心に紅旗をカメラに収める光景が印象的だった。
紅旗ブースの一角には、こんなおもてなしスペースも。なお、今年のモットーは「紅旗譲理想飛揚」。理想的な飛躍を実現する紅旗、といったところ。
紅旗ブースの一角には、こんなおもてなしスペースも。なお、今年のモットーは「紅旗譲理想飛揚」。理想的な飛躍を実現する紅旗、といったところ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。