プジョー308(FF/6MT)/308SW(FF/6MT)

「欧州一」はダテじゃない 2014.05.16 試乗記 もうすぐ日本にやってくる、「308」の最新型。プジョーの基幹モデルは、フルモデルチェンジでどのような進化を遂げたのか? ハッチバックとワゴン、両モデルの仕上がりをフランス本国で確かめた。

見た目の個性は控えめ?

プジョー最新モデルのテストドライブのため、フランスへと飛んだ。今回のネタは、ハッチバックの「308」と、そのワゴン版「308SW」である。
そう聞いて、もしも「あれ? 308って今までもあったじゃない?」などと口走ってしまったとしたら……それは、“ちょっと古い事情通”であることを自ら証明してしまうコメントといえる。
これまで、フルモデルチェンジのたびに数字をひとつずつ増やしてきた「3桁数字を車名に用いるプジョー車」だが、今後、308の末尾の数字を“8”に固定することは発表済み。すなわち、今回のモデルは「第2世代の308」なのだ。

そんな宗旨替えの背景には「ナンバリングをシンプル化する狙いのほかに、多くの市場で8という数字がラッキーナンバーになっている事情もある」と、今回の国際試乗会を仕切っていた旧知のインターナショナルPRトップ、マーク・ボケさんは語る。

さて、2013年秋のフランクフルトモーターショーでアンベールされたハッチバックバージョンと、それに続いて今年春のジュネーブモーターショーで発表されたステーションワゴンのSW。その姿を目にして「う~ん……」とうなってしまった人は少なくないはず。
正直なところ、まさに自分もそうしたひとりだった。端的に言えば「このルックスは、いかにもゴルフ・コンプレックスが強過ぎるのではないか?」と思うのだ。

「極端なまでに長いフロントのオーバーハングに、大口のマスク」というこれまでの308は、良くも悪くも、何とも個性的な表情の持ち主であった。それが、新型では、随分と端正な顔付きへと変わった。「ちょっと没個性になったのではないか?」 そんな意見が多くを占めることになりそうだ。
とはいえ、そもそもマスマーケットを狙うモデルで強い個性をアピールすれば、それは自ら顧客層を限定してしまうきっかけになりかねない。308も新型になって、まさにそれを是正する方向へとかじを切ったかな? と、まずはそんな印象を抱いた。

2013年9月のフランクフルトモーターショーでデビューした、新型「プジョー308」。日本では2014年秋、ハッチバックとワゴンが同時に発売される見通しだ。
2013年9月のフランクフルトモーターショーでデビューした、新型「プジョー308」。日本では2014年秋、ハッチバックとワゴンが同時に発売される見通しだ。
新型のハイライトの一つは、「先代モデル比マイナス140kg」とされる“軽量化”。ボンネットやフロントフェンダーにはアルミ材が、リアのテールゲートには合成材料が用いられている。
新型のハイライトの一つは、「先代モデル比マイナス140kg」とされる“軽量化”。ボンネットやフロントフェンダーにはアルミ材が、リアのテールゲートには合成材料が用いられている。
クロムメッキで縁取られたグリルやLEDヘッドランプが特徴の、新型「308」のフロントまわり。プジョーは自ら「猫のようなデザイン」と称する。
クロムメッキで縁取られたグリルやLEDヘッドランプが特徴の、新型「308」のフロントまわり。プジョーは自ら「猫のようなデザイン」と称する。
こちらはワゴンモデルの「308SW」。ハッチバックの「308」に比べて、全長は332mm、ホイールベースは110mm長くなる。
こちらはワゴンモデルの「308SW」。ハッチバックの「308」に比べて、全長は332mm、ホイールベースは110mm長くなる。
 
プジョー308(FF/6MT)/308SW(FF/6MT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る