ジャガーFタイプ R クーペ(FR/8AT)/Fタイプ S クーペ(FR/8AT)

スポーツできるカー 2014.07.07 試乗記 2シーターオープン「Fタイプ コンバーチブル」の国内デビューからおよそ1年、より走行性能にフォーカスしたというクローズドボディー版「Fタイプ クーペ」が上陸した。その走りは? 他のスポーツカーとの違いは? 2つのグレードで試した。

違いはルーフだけじゃない

「Eタイプ」直系をうたうジャガーのリアルスポーツカー、Fタイプにクーペが加わった。
これまでの3リッター「コンバーチブル」と同じV6エンジンを積むベーシックグレードだと、価格は823万円。コンバーチブルより約150万円安い。同等の性能を持つライバルよりお買い得感を打ち出しているのがFタイプ クーペの特徴でもある。

その一方、高性能イメージもクーペが持っていく。550psの5リッターV8モデルにはジャガーのトップガン“R”の称号が与えられ、495ps止まり(笑)の「V8 S コンバーチブル」とは完全に差別化が図られた。また、クーペの参入を機に、3リッターV6には標準より40ps増しの380ps仕様が新設され、“S”グレードに搭載される。

これらの結果、ジャガーFタイプは、ふたつのボディー、ふたつの排気量、4つのエンジンチューンを持つ一大スポーツカーファミリーに成長した。こんな時代に、めでたいことである。
福島県の山中で開かれた試乗会で乗ったのは、2台のクーペ。一台80分の短時間ながら、まずはいきなり5リッターの「R クーペ」(1286万円)を試す。

クローズドボディーの「ジャガーFタイプ クーペ」は、2013年11月のロサンゼルスオートショーでデビュー。日本国内での受注は2014年1月に始まった。
クローズドボディーの「ジャガーFタイプ クーペ」は、2013年11月のロサンゼルスオートショーでデビュー。日本国内での受注は2014年1月に始まった。
リアエンドのウイング上には、ジャガーの立体的なエンブレムが配される。
リアエンドのウイング上には、ジャガーの立体的なエンブレムが配される。
グレードごとにディテールが異なる「Fタイプ クーペ」。写真でグリル部分に見られる“S”エンブレムは、380psのV6モデルのもの。
グレードごとにディテールが異なる「Fタイプ クーペ」。写真でグリル部分に見られる“S”エンブレムは、380psのV6モデルのもの。
試乗会場にずらりと並んだ「Fタイプ」。写真右側3台は、オープンバージョンの「Fタイプ コンバーチブル」。「Fタイプ クーペ」よりも、1年ほど先行して発表・発売された。
試乗会場にずらりと並んだ「Fタイプ」。写真右側3台は、オープンバージョンの「Fタイプ コンバーチブル」。「Fタイプ クーペ」よりも、1年ほど先行して発表・発売された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Fタイプ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第1回:スポーツカーにはストーリーが必要だ!
    「ジャガーFタイプ」の魅力を考える
    2017.2.16 特集 現代における“ジャガーネス”の源泉ともいえる「Fタイプ」に試乗し、その魅力を考える当連載。今回はジャガースポーツの金字塔ともいえる1960~70年代の「Eタイプ」に思いをはせながら、Fタイプを走らせた。
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • ジャガーFタイプ R AWD クーペ (4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.26 試乗記 最高出力550psを発生する過給機付き5リッターV8エンジンと、フルタイム4WDを組み合わせた「ジャガーFタイプ R AWD クーペ」に試乗。Fタイプシリーズの中でも屈指の高性能モデルの走りと、その端々に宿るジャガーならではの魅力を報告する。
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る