ジャガーFタイプ R クーペ(FR/8AT)/Fタイプ S クーペ(FR/8AT)

スポーツできるカー 2014.07.07 試乗記 2シーターオープン「Fタイプ コンバーチブル」の国内デビューからおよそ1年、より走行性能にフォーカスしたというクローズドボディー版「Fタイプ クーペ」が上陸した。その走りは? 他のスポーツカーとの違いは? 2つのグレードで試した。

違いはルーフだけじゃない

「Eタイプ」直系をうたうジャガーのリアルスポーツカー、Fタイプにクーペが加わった。
これまでの3リッター「コンバーチブル」と同じV6エンジンを積むベーシックグレードだと、価格は823万円。コンバーチブルより約150万円安い。同等の性能を持つライバルよりお買い得感を打ち出しているのがFタイプ クーペの特徴でもある。

その一方、高性能イメージもクーペが持っていく。550psの5リッターV8モデルにはジャガーのトップガン“R”の称号が与えられ、495ps止まり(笑)の「V8 S コンバーチブル」とは完全に差別化が図られた。また、クーペの参入を機に、3リッターV6には標準より40ps増しの380ps仕様が新設され、“S”グレードに搭載される。

これらの結果、ジャガーFタイプは、ふたつのボディー、ふたつの排気量、4つのエンジンチューンを持つ一大スポーツカーファミリーに成長した。こんな時代に、めでたいことである。
福島県の山中で開かれた試乗会で乗ったのは、2台のクーペ。一台80分の短時間ながら、まずはいきなり5リッターの「R クーペ」(1286万円)を試す。

クローズドボディーの「ジャガーFタイプ クーペ」は、2013年11月のロサンゼルスオートショーでデビュー。日本国内での受注は2014年1月に始まった。
クローズドボディーの「ジャガーFタイプ クーペ」は、2013年11月のロサンゼルスオートショーでデビュー。日本国内での受注は2014年1月に始まった。
リアエンドのウイング上には、ジャガーの立体的なエンブレムが配される。
リアエンドのウイング上には、ジャガーの立体的なエンブレムが配される。
グレードごとにディテールが異なる「Fタイプ クーペ」。写真でグリル部分に見られる“S”エンブレムは、380psのV6モデルのもの。
グレードごとにディテールが異なる「Fタイプ クーペ」。写真でグリル部分に見られる“S”エンブレムは、380psのV6モデルのもの。
試乗会場にずらりと並んだ「Fタイプ」。写真右側3台は、オープンバージョンの「Fタイプ コンバーチブル」。「Fタイプ クーペ」よりも、1年ほど先行して発表・発売された。
試乗会場にずらりと並んだ「Fタイプ」。写真右側3台は、オープンバージョンの「Fタイプ コンバーチブル」。「Fタイプ クーペ」よりも、1年ほど先行して発表・発売された。
関連記事 ホームへ戻る