第363回:空港・路上・病院の”置き去り車両”を救え!

2014.09.05 エッセイ

あのクルマたちは今

2014年夏、イタリアの道路管理会社「アウトストラーデ」が予想した週末渋滞カレンダーは「渋滞」が3回、「大渋滞」に至っては1回だけだった。実際、結果もそれに近いものとなった。この渋滞減少は、経済の停滞によるものであることはたしかだ。イタリアの消費者団体「フェデルコンスマトーリ」が発表したところによると、「夏休み期間中に旅行に行く」と答えたイタリア人は31%にとどまった。
たしかにボクの周囲でも、「もっと旅行費用が安い時期にずらして、休みをとるよ」という人が最近は少なくない。

同時に日本よりも先にヨーロッパで普及しはじめた格安航空会社(LCC)を、イタリア人も長距離旅行に利用するようになったのも、渋滞減少に多少なりとも貢献していることはたしかだろう。イタリア各地の空港では、欧州各国のLCCによる、あまりなじみのない機体色の航空機を頻繁に見かけるようになった。

空港といえば、付属施設のひとつとして駐車場がある。最近はイタリアでも、ようやく民間のエアポート駐車場が空港周辺に開設されるようになった。彼らの価格競争につられて、空港内の駐車場も割引料金を設定するなど、潮流が良い方向に向かっている。

その空港駐車場で目につくものといえば、ずばり「長期間放置されているクルマ」である。思い起こせば、当連載の第168回(「空港とクルマ」つれづれ話 すべての乗り物に命あり!?)の文末で、フィレンツェ空港の駐車場に置き去りにされたクルマを取り上げた。

あれから約4年。あのクルマたちはどうなったのだろうか? ボクは再び空港へと向かってみた。

フィレンツェのアメリゴ・ヴェスプッチ空港の駐車場。左奥に見えるのは出発ターミナル。
フィレンツェのアメリゴ・ヴェスプッチ空港の駐車場。左奥に見えるのは出発ターミナル。
2010年11月の本欄で紹介した「ルノー4」。周囲に生い茂る草から、この時点で、すでに放置されたムードが十分に漂っていた。
2010年11月の本欄で紹介した「ルノー4」。周囲に生い茂る草から、この時点で、すでに放置されたムードが十分に漂っていた。
2014年7月末に撮影。無残な姿をさらしながら、同じ位置にあった「ルノー4」。生命力に満ちた草はフロントバンパーとラジエーターグリルの間を貫通している。
2014年7月末に撮影。無残な姿をさらしながら、同じ位置にあった「ルノー4」。生命力に満ちた草はフロントバンパーとラジエーターグリルの間を貫通している。
もはやガラスやランプ類もなくなっている。
もはやガラスやランプ類もなくなっている。
「ルノー4」の車内。シフトノブやメーターの一部は、誰かに持ち去られたものと思われる。シートには、ジャガイモが入った袋が。
「ルノー4」の車内。シフトノブやメーターの一部は、誰かに持ち去られたものと思われる。シートには、ジャガイモが入った袋が。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。