「日産ラティオ」がマイナーチェンジ

2014.10.22 自動車ニュース
「日産ラティオ X」
「日産ラティオ X」

「日産ラティオ」マイナーチェンジで安全装備強化

日産自動車は2014年10月22日、5ナンバーサイズのコンパクトセダン「ラティオ」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

「ラティオ G」
「ラティオ G」
「ラティオ G」のインストゥルメントパネルまわり。
「ラティオ G」のインストゥルメントパネルまわり。
「ラティオ G」のシート。
「ラティオ G」のシート。

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインを変更。エクステリアでは、新しい意匠のフロントバンパーやフロントグリル、ヘッドランプ、フード、リアバンパーを採用した。またボディーカラーについては、「ホワイトパール」「バーニングレッド」の2色を廃止するとともに、新たに「ブリリアントホワイトパール」「ラディアントレッド」「ディープアイリスグレー」の3色を追加。これまでより1色多い全7色のラインナップとした。

一方、インテリアではステアリングやセンタークラスター、助手席側のインストゥルメントパネルの形状を変更するとともに、シートクロスも変更。最上級グレードの「G」では、センタークラスターフィニッシャーとエアコンパネルの色にピアノブラックを採用した。

装備の強化も図っており、VDCを全車に標準で採用。また、これまで「X」ではオプション扱いとなっていた後席ヘッドレスト&リヤセンターアームレスト(カップホルダー2個付)を標準装備とした。さらに、これまでフロントガラスのみに採用していた紫外線を99%カットするUVカットグリーンガラスを、フロントドアガラスにも採用した。

グレードは「S」「X」「G」の3種類。従来のエントリーグレードである「B」は、「S」に統合、廃止された。

ラインナップと価格は以下の通り。
・S:146万160円
・X:155万4120円
・G:178万9560円

(webCG)
 

関連キーワード:
ラティオ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る