アウディS1スポーツバック(4WD/6MT)

アウディなのに突貫小僧 2014.11.18 試乗記 「S3」譲りの“ダブルインジェクション”エンジンに、クワトロ4WDシステム、そして4リンク・リアサスペンションと、小さなボディーにアウディのホットなテクノロジーが詰まった「S1/S1スポーツバック」。6段MTを駆使して、路面に231psをたたきつけると……? S1スポーツバックで箱根のワインディングロードに繰り出した。

アウディ久々のMTモデル

アウディの最小コンパクトハッチ「A1」にも“S”が加わった。3ドアとスポーツバックの両方に用意される「S1」だ。

言うまでもなく、Sとはハイパワーエンジン+クワトロ搭載の高性能アウディである。S1は、これまでFFのみだったA1シリーズ初の4WDモデルでもある。

短いノーズに詰め込まれたエンジンは、231psの2リッター4気筒16バルブDOHCターボ。筒内噴射とポート噴射を自動的に切り替えるダブルインジェクションで、「S3」用横置き285psユニットのデチューン版といえる。

変速機は6段MTのみ。2ペダルのSトロニック仕様はない。と書けばネガティブ情報かもしれないが、日本のMT党からみると、「TT RS」以来、4年ぶりに復活する「マニュアルで乗れるアウディ」である。Sトロニックを付けないのは、20kg重くなるデュアルクラッチ変速機でフロント荷重を増やしたくなかったというのが大きな理由。スペース的にもキツイため、この先、待っていても出ることはなさそうだ。

シャシー面での大きな変化は、リアサスペンションがA1のビーム式から4リンクに改められたこと。大トルクで後輪でも蹴るようになると、マルチリンク化は必須だったのだろう。

日本でのA1セールスは、1対3で5ドアの「スポーツバック」が多いという実情にかんがみ、ひとコマ2時間限定の試乗会で借りたのは3ドアより20万円高い「S1スポーツバック」(430万円)である。

1980年代半ば、グループB時代のWRCで暴れまわったモンスターマシン「S1」。その名が約30年後、ホットハッチとして復活した。
1980年代半ば、グループB時代のWRCで暴れまわったモンスターマシン「S1」。その名が約30年後、ホットハッチとして復活した。
CWZ型2リッター直4ターボエンジン(231ps)は「S3」用(285ps)をデチューンしたものという。
CWZ型2リッター直4ターボエンジン(231ps)は「S3」用(285ps)をデチューンしたものという。
スポーティーな小径フラットボトム型ステアリングが装着される。ステアリングのアシストは「A1」では電動油圧式だったが、こちらでは純粋な電動モーター式に。
スポーティーな小径フラットボトム型ステアリングが装着される。ステアリングのアシストは「A1」では電動油圧式だったが、こちらでは純粋な電動モーター式に。
トランスミッションの選択肢は6段MTのみ。
トランスミッションの選択肢は6段MTのみ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S1スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る