クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ロールス・ロイス・レイス(FR/8AT)

夢のクルマ 2014.12.19 試乗記 ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス」に試乗。歴史ある高級車メーカーが現代に送り出す、“ドライバーズカー”の運転感覚や乗り心地を報告する。

よみがえる「美」

11月も終わりに近づいた某日の朝、『webCG』編集部の駐車場に到着すると、レイスの撮影はすでに始まっていた。「トヨタ・サクシード/プロボックス」が似合う、簡素なビルの1階駐車場の一角がさながら小さな宮殿になって輝いていた。パルテノングリルの上のスピリット・オブ・エクスタシーが半透明で、根元が青白く発光していた。まるでアールヌーボーのエミール・ガレの作品のように、耽美(たんび)的なムードを醸し出している。オプションの「イルミネーテッド(発光)・スピリット・オブ・エクスタシー」を筆者は初めて見た。

ロールス・ロイス・レイスは、全長5280mm、全幅1945mm、全高1505mmという巨体だけれど、完璧なプロポーションが巨体を巨体に見せない。なんとなく「サンダーバード2号」を思わせるファストバックスタイルは1950~60年代のGTを現代によみがえらせたものだ。

「『ランチア・アウレリア』『マゼラーティA6G』『アストン・マーティンDB4/DB5』……たくさんの美しいクラシックカーがファストバックです。クーペにとって自然なライン。セダンのショートホイールベース版で、小さなブーツ(イギリス英語でトランクのこと)で、強いキャラクターとクリーンなプロファイルを持っている。これこそ2ドアのフィールです」

2013年初夏、彼らの本拠地グッドウッドで開かれた試乗会で、チーフデザイナーのジャイルズ・テイラーさんがそんなことを言った。「ものすごくダイナミックで、よいハンドリング、よい旅行経験、実用性といった感覚を伝達することができる」と続けた。「コミュニケイティング・センス」という言葉をテイラーさんは使った。「強いドラマのセンスを求める人」向きの、「ユニークなロールス・ロイス」。それがレイスのデザインのキーワードであった。

ちなみにレイス(Wraith)とは、ロールス・ロイスで1938年に初めて使われた最も有名な車名のひとつであり、ほとんど感知できない力、貴重で、機敏、力強いなにか、大地に縛られない精神をほのめかしている。ご参考までに、手元の和英辞書には「(人の死の前後に現れる当人の)霊」とある。

駐車時には収納される、ボンネット先端部のマスコット「スピリット・オブ・エクスタシー」。テスト車には、通常の金属製とは異なる、オプションの発光タイプ(78万9000円)が装着されていた。
駐車時には収納される、ボンネット先端部のマスコット「スピリット・オブ・エクスタシー」。テスト車には、通常の金属製とは異なる、オプションの発光タイプ(78万9000円)が装着されていた。
    拡大

「流れるようなファストバックデザイン」と形容される「レイス」のサイドビュー。4ドアサルーンの「ゴースト」に比べ、全長は120mm、ホイールベースは185mm短くなっている。


    「流れるようなファストバックデザイン」と形容される「レイス」のサイドビュー。4ドアサルーンの「ゴースト」に比べ、全長は120mm、ホイールベースは185mm短くなっている。
    拡大
ドライバーの前に並ぶ計器類。針先の赤がアクセント。
ドライバーの前に並ぶ計器類。針先の赤がアクセント。
    拡大
アダプティブヘッドライト。車体中央寄りの部分には、「RR」のロゴマークが添えられる。
アダプティブヘッドライト。車体中央寄りの部分には、「RR」のロゴマークが添えられる。
    拡大

ロールス・ロイス・レイス(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大
注目の記事PR
  • 音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。
    音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。 アバルト特集
注目の記事一覧へ

そこかしこに特別感

ドアは、「ファントム クーペ」同様、後ろヒンジの、ロールス風にいえば「コーチドア」を採用している。フツウの2ドアのように、リアタイヤよりについ立ってしまうと、「あ、こっちから開くんか」というコントが演じられる。常識をひっくり返している。そこに興趣がある。蛇足ながら、「コーチ」とはこの場合、馬車の意である。

ドアを開けると純白の世界が広がる。清潔、始まり、純血、気分一新などを意味する白が内装色に選ばれていたからだ。ほんのりレザーの香りが漂う。革の質は当然最高級である。柔らかで、まるで人の体に触れているかのような弾力がある。だから、純白の世界といっても、「フローズン」ではない。少しも寒くないわ。

メーターや時計、スイッチ類のデザインはアールデコを模している。クラシックカーのヴィンティッジ(1919~30年)、ポスト・ヴィンティッジ(1931~42年)、すなわちイギリス人が最もよい自動車がとれた、と定義する時代と重なるデザイン様式が、現代風に解釈されて用いられている。大量生産に反旗を翻すデザインともいえる。

スターターボタンを押して6.6リッターV12ツインターボを目覚めさせ、おずおずと走りだす。ステアリングホイールは、「ゴースト」のそれより若干太くなっているけれど、低速では極めて軽い。

気分はもう超富裕層である。アラブの王族か現代のジェイ・ギャツビーでなければ味わうことのできない小宇宙の、数時間後の引っ越しが決まっているとはいえ、かりそめにもそこの住人に私はなった。

ルームミラーに映る後方視界が狭いのは、ファストバックスタイルゆえ致し方ない。駐車場での取り回しに苦労しそうだけれど、それは取り越し苦労というものである。なんとなれば、トップビュー、上から見た画像をカメラシステムが作り出してくれるからだ。

2ドアモデル「レイス」のドアは、後ろ側を軸に開く。閉める動作は、ボタン操作で行うことができる。
2ドアモデル「レイス」のドアは、後ろ側を軸に開く。閉める動作は、ボタン操作で行うことができる。
    拡大
前開きのドアを開き、インテリアをのぞむ。テスト車の前席には、ベンチレーション機能(29万円のオプション)も。
前開きのドアを開き、インテリアをのぞむ。テスト車の前席には、ベンチレーション機能(29万円のオプション)も。
    拡大
インテリアの様子。チューダー・オーク(Tudor Oak)のウッドパネルは、26万8000円のオプション。ハンドル位置は左右が選べる。
インテリアの様子。チューダー・オーク(Tudor Oak)のウッドパネルは、26万8000円のオプション。ハンドル位置は左右が選べる。
    拡大
カーナビやオーディオを操作するダイヤルのそばには、車高を調節するためのスイッチが置かれる。
カーナビやオーディオを操作するダイヤルのそばには、車高を調節するためのスイッチが置かれる。
    拡大
車両を俯瞰(ふかん)したイメージをモニターに表示し、駐車をサポートする機能が備わる。
車両を俯瞰(ふかん)したイメージをモニターに表示し、駐車をサポートする機能が備わる。
    拡大

秘められた怪力とハイテク

乗り心地の第一印象はイギリスで乗ったときと変わらず、「フワフワ」というものである。
おそらく電子制御のエアサスペンションの設定がゴーストとは、特に低速域において異なっているに違いない。実は私、グッドウッドでの試乗会で、しつこくそのことを現地のエンジニアに聞いたのだけれど、「足まわりの設定はゴーストよりハードである」という答えしか得られなかった。エンジニアの回答はともあれ、私の印象は東京で乗っても同じだった。コミュニケーション能力の不足を嘆くほかない。

私はこう独自に推測してみることにした。

レイスはベースのゴーストに比べて、リアトレッドが24mm幅広く、ホイールベースは183mm短い。そして車高は50mm低くなっている。その分、足まわりの初期の動きをフワフワにできた。しかし、速度を増すにつれて、複数のセンサーが入手した情報をもとにコンピューターが計算しまくり、2.5ミリセカンドごとにダンパーを変化させる。硬くなると、ゴーストよりハードになる……。

6.6リッターV12ツインターボは、ゴーストの最高出力570ps、最大トルク79.5kgm(780Nm)から、それぞれ632ps、81.6kgm(800Nm)にチューンされている。テスト車の車検証によれば、車重は2430kgもあるけれど、前後荷重は1230/1200kgと、ほぼ50:50の重量配分に仕立てられている。

それに加えて、サテライト・エイデッド・トランスミッション(SAT)という新技術が備わっている。私の場合、どこでどう作動しているのか感知できなかった、というのが正直なところだけれど、このSATがものすごく効いている、らしい。
BMWのF1チームで8年、エレクトロニクスに携わっていたシステムエンジニアが考案したこれは、文字通り衛星、つまりGPSで自らの位置を認知し、現在のドライビングスタイルを考慮して、ZF製の8段ATの適切なギアを自動的に選ぶ。ドライバーの次の動きを予測して待ち構えている。もとより圧倒的なパワー&トルクを持っている。だから、そもそも右足を深々と踏み込む必要がない。それをSATが助長し、いかなるときもエフォートレスに加速を得ることができる。

「レイス」が0-100km/h加速に要する時間は、欧州公表値で4.6秒。最高速度は、リミッターにより250km/hに制限される。
「レイス」が0-100km/h加速に要する時間は、欧州公表値で4.6秒。最高速度は、リミッターにより250km/hに制限される。
    拡大
2つのターボで過給される6.6リッターV12エンジン。最高出力、最大トルクともに、4ドアの「ゴースト」よりも増強されている。
2つのターボで過給される6.6リッターV12エンジン。最高出力、最大トルクともに、4ドアの「ゴースト」よりも増強されている。
    拡大
計器盤は、速度計が中央を占める。エンジン回転計の代わりに、出力の発生レベルを示すパワーメーター(写真左)が与えられる。
計器盤は、速度計が中央を占める。エンジン回転計の代わりに、出力の発生レベルを示すパワーメーター(写真左)が与えられる。
    拡大
後席は独立式の2人掛け。左右の席を分かつセンターコンソールには、灰皿やドリンクホルダー、空調設備が備わる。
後席は独立式の2人掛け。左右の席を分かつセンターコンソールには、灰皿やドリンクホルダー、空調設備が備わる。
    拡大
大きな開口部と電動の開閉機構を持つトランクルーム。容量は、470リッター。
大きな開口部と電動の開閉機構を持つトランクルーム。容量は、470リッター。
    拡大

走りも非現実的

エフォートレス(effortless)とは、「努力を要しない」という意味である。ロールス・ロイスはこの言葉を伝統的に重視している。いまどきの2ドアのグラン・ツリズモでありながら、パドルシフトを備えていないのは、汗臭いことはロールス・ロイスには似合わない、と考えているからだ。

V12エンジンをもつ632psのスーパー・グラン・ツリズモは、ものすごく速い。あっという間に法定速度外の世界に連れ出そうとする。なにしろ、ガタイがデカイ。内側の空間は安寧(あんねい)でありながら、津波のような加速が押し寄せる。0-100km/h加速4.6秒というのは、「ポルシェ911カレラ」並みということだ。

たとえフルスロットルにしたところで、乱暴さはみじんもない。激しいキックダウンとか、無粋なマナーは一切見せない。スピリット・オブ・エクスタシーが着ているシルクのドレスのまま、全力疾走する。実は電子制御により完璧にコントロールされているわけだけれど、そういう感覚はみじんもない。
「夢のよう……」
という言葉が浮かんだ。もし、20インチの偏平タイヤが時折ショックを伝えてくれなければ、現実感というものがうせてしまうだろう。

ロールス・ロイスは、1906年の創業以来、世界の王侯貴族のためのクルマであり続けてきた。2003年にブランドの権利がBMWに渡った後も、その栄光にはいささかの陰りもない。それは結局のところ、いつの時代の人々も、世界最高の自動車、「ザ・ベスト・カー・イン・ザ・ワールド」を作りたい、と欲してきたからであるに違いない。

人間は結局のところ、自分がなりたいと考えている人になる。最近新聞で見た自己啓発本の広告にそうあった。本田圭祐選手も「ワールドカップで優勝しよう、と思っていないヤツが優勝できるはずがない」という意味のことを言っている。

であるとすれば、私、あるいは読者諸兄が考えるべきはこれしかないのであります。いつの日か、「究極の紳士のグラン・ツリズモ」を手に入れる!

(文=今尾直樹/写真=荒川正幸)

フェンダーパネルの内側には、乗降時にすぐ使えるよう、傘が収納されている。筒内には使用後の傘を乾燥する機能も。
フェンダーパネルの内側には、乗降時にすぐ使えるよう、傘が収納されている。筒内には使用後の傘を乾燥する機能も。
    拡大
今回のテストでは、高速道路と一般道を半々の割合で120kmあまりを走行。燃費は6.1km/リッターを記録した。
今回のテストでは、高速道路と一般道を半々の割合で120kmあまりを走行。燃費は6.1km/リッターを記録した。
    拡大
センターコンソールの10.25インチディスプレイ。カーナビ、オーディオ、車両情報のほか、運転支援の映像などが表示される。開閉式のモニターカバーにはオプションで象眼の装飾も入れられる。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます)
センターコンソールの10.25インチディスプレイ。カーナビ、オーディオ、車両情報のほか、運転支援の映像などが表示される。開閉式のモニターカバーにはオプションで象眼の装飾も入れられる。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます)
    拡大
アルミホイールのサイズは20インチ。ロゴ入りのセンターキャップは、常に正立した状態を保つ。
アルミホイールのサイズは20インチ。ロゴ入りのセンターキャップは、常に正立した状態を保つ。
    拡大

ロールス・ロイス・レイス(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

ロールス・ロイス・レイス

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5280×1945×1505mm
ホイールベース:3110mm
車重:2430kg
駆動方式:FR
エンジン:6.6リッターV12 DOHC 48バルブ ツインターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:632ps(465kW)/5600rpm
最大トルク:81.6kgm(800Nm)/1500-5500rpm
タイヤ:(前)255/45R20 101Y/(後)285/40R20 104Y(グッドイヤー・エフィシエントグリップ)
燃費:14.0リッター/100km(約7.1km/リッター、欧州複合モード)
価格:3333万円/テスト車=3932万7000円
オプション装備:スターライト・ヘッドライナー(142万6000円)/ドライバーアシスタントシステム<ナイトビジョン+レーンディパーチャーウォーニング+ストップ&ゴー機能付きアクティブクルーズコントロール+ヘッドアップディスプレイ>(133万円)/イルミネーテッド・スピリット・オブ・エクスタシー(78万9000円)/ビスポーク・オーディオ・システム(72万9000円)/シートパイピング(34万7000円)/ベンチレーションシート<前席>(29万円)/ウッドカラー<Tudor Oak>(26万8000円)/ステンレス・ポリッシュ・トレッド・プレート(25万円)/コーチライン<from standard palette>(15万1000円)/「RR」ヘッドレスト・モノグラム (12万円)/TVチューナー(11万3000円)/ボディーカラー同色のホイールセンター(10万1000円)/スピリット・オブ・エクスタシー象眼モニターカバー(8万3000円)

テスト車の年式:2014年型
テスト開始時の走行距離:2915km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(5)/高速道路(5)/山岳路(0)
テスト距離:126.1km
使用燃料:20.8リッター
参考燃費:6.1km/リッター(満タン法)/--km/リッター(車載燃費計計測値)

ロールス・ロイス・レイス
ロールス・ロイス・レイス
    拡大
テスト車の天井は、車内に星空を再現するオプション「スターライト・ヘッドライナー」で飾られる。“星”の明るさは、スイッチ操作で調節できる。
テスト車の天井は、車内に星空を再現するオプション「スターライト・ヘッドライナー」で飾られる。“星”の明るさは、スイッチ操作で調節できる。
    拡大
アナログのクロック。助手席の前方に配される。
アナログのクロック。助手席の前方に配される。
    拡大

ロールス・ロイス・レイス(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大

ロールス・ロイス・レイス(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
レイスロールス・ロイスロールスロイス試乗記

あなたにおすすめの記事