ロールス・ロイス・レイス(FR/8AT)

夢のクルマ 2014.12.19 試乗記 ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス」に試乗。歴史ある高級車メーカーが現代に送り出す、“ドライバーズカー”の運転感覚や乗り心地を報告する。

よみがえる「美」

11月も終わりに近づいた某日の朝、『webCG』編集部の駐車場に到着すると、レイスの撮影はすでに始まっていた。「トヨタ・サクシード/プロボックス」が似合う、簡素なビルの1階駐車場の一角がさながら小さな宮殿になって輝いていた。パルテノングリルの上のスピリット・オブ・エクスタシーが半透明で、根元が青白く発光していた。まるでアールヌーボーのエミール・ガレの作品のように、耽美(たんび)的なムードを醸し出している。オプションの「イルミネーテッド(発光)・スピリット・オブ・エクスタシー」を筆者は初めて見た。

ロールス・ロイス・レイスは、全長5280mm、全幅1945mm、全高1505mmという巨体だけれど、完璧なプロポーションが巨体を巨体に見せない。なんとなく「サンダーバード2号」を思わせるファストバックスタイルは1950~60年代のGTを現代によみがえらせたものだ。

「『ランチア・アウレリア』『マゼラーティA6G』『アストン・マーティンDB4/DB5』……たくさんの美しいクラシックカーがファストバックです。クーペにとって自然なライン。セダンのショートホイールベース版で、小さなブーツ(イギリス英語でトランクのこと)で、強いキャラクターとクリーンなプロファイルを持っている。これこそ2ドアのフィールです」

2013年初夏、彼らの本拠地グッドウッドで開かれた試乗会で、チーフデザイナーのジャイルズ・テイラーさんがそんなことを言った。「ものすごくダイナミックで、よいハンドリング、よい旅行経験、実用性といった感覚を伝達することができる」と続けた。「コミュニケイティング・センス」という言葉をテイラーさんは使った。「強いドラマのセンスを求める人」向きの、「ユニークなロールス・ロイス」。それがレイスのデザインのキーワードであった。

ちなみにレイス(Wraith)とは、ロールス・ロイスで1938年に初めて使われた最も有名な車名のひとつであり、ほとんど感知できない力、貴重で、機敏、力強いなにか、大地に縛られない精神をほのめかしている。ご参考までに、手元の和英辞書には「(人の死の前後に現れる当人の)霊」とある。

駐車時には収納される、ボンネット先端部のマスコット「スピリット・オブ・エクスタシー」。テスト車には、通常の金属製とは異なる、オプションの発光タイプ(78万9000円)が装着されていた。
駐車時には収納される、ボンネット先端部のマスコット「スピリット・オブ・エクスタシー」。テスト車には、通常の金属製とは異なる、オプションの発光タイプ(78万9000円)が装着されていた。

「流れるようなファストバックデザイン」と形容される「レイス」のサイドビュー。4ドアサルーンの「ゴースト」に比べ、全長は120mm、ホイールベースは185mm短くなっている。


    「流れるようなファストバックデザイン」と形容される「レイス」のサイドビュー。4ドアサルーンの「ゴースト」に比べ、全長は120mm、ホイールベースは185mm短くなっている。
ドライバーの前に並ぶ計器類。針先の赤がアクセント。
ドライバーの前に並ぶ計器類。針先の赤がアクセント。
アダプティブヘッドライト。車体中央寄りの部分には、「RR」のロゴマークが添えられる。
アダプティブヘッドライト。車体中央寄りの部分には、「RR」のロゴマークが添えられる。

ロールス・ロイス・レイス(FR/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レイスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロールス・ロイス・レイス(FR/8AT)【試乗記】 2014.12.19 試乗記 ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス」に試乗。歴史ある高級車メーカーが現代に送り出す、“ドライバーズカー”の運転感覚や乗り心地を報告する。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
ホームへ戻る