第4回:長距離ドライブで実力を試す

小さくてもしっかり 2015.01.15 特集 ボルボV40 T4 SE(FF/6AT)

ボルボのスタイリッシュなハッチバック「V40 T4 SE」。足まわりを中心にリファインされたという、最新型の実力は? “ミスター・テスター”笹目二朗が蒲郡へのロングドライブで試した。

800kmのドライブへ

ボルボに限らず、同じモデルならば、派手な高性能仕様の方が話題には事欠かない。一般的なユーザーは、装備品も全部そろった高価格モデルを買った方が、後で追加するより面倒がないと思う。
そんな買い方ができる状況にある人は幸せだ。でも、職業柄多くのクルマに接してきた者としては、アレは要らない、コレはあったほうがいいなどと選別したくなる装備の例もある。実際に自分で買う、買わない(買える、買えない)とは別の話だとしても、そうしたことを考えるだけでも楽しく過ごせる。

現行型のV40に関して言えば、「もしボルボを買うならコレだな」と、まずこのカタチで登場した時に思った。スタイリングのまとまりがいい。やや“若向き”と感じられるが、シニアにとっても刺激があっていい。サイズも、大き過ぎないのが好ましい。エンジンは一番小さい排気量の1.6リッターで十分だ(6段MTの予定はないのかな……)。
内装はもっと簡素なものでいい、タイヤは細いほうがいい、などと考えると、T4というエントリーモデルが最も魅力的に思えたものだ。

その最新式となる、2015年モデルのV40で2日間の旅に出るとしたら、どこへ行こうか? 新たにチューンされた足まわりの乗り心地を試すには、冬タイヤが必要でない道がいい。この冬季にノーマルタイヤでの移動が前提となると――はるか遠方でなくともまだ行ったことのない景勝地へと考え、三河湾に面した蒲郡・竹島周辺を訪ねることにした。

日本では2013年2月に発売された、ボルボのコンパクトハッチバック「V40」。最新の2015年モデルでは、足まわりのセッティングや装備類に変更が加えられた。
日本では2013年2月に発売された、ボルボのコンパクトハッチバック「V40」。最新の2015年モデルでは、足まわりのセッティングや装備類に変更が加えられた。
ボード状のセンターコンソールは、インテリアの特徴的なディテールだ。
ボード状のセンターコンソールは、インテリアの特徴的なディテールだ。
首都圏から一路西へ。今回は、新東名高速道路を経由して愛知県の蒲郡市へと向かった。
首都圏から一路西へ。今回は、新東名高速道路を経由して愛知県の蒲郡市へと向かった。
三河湾を臨む海沿いの道を行く、「ボルボV40 T4 SE」。
三河湾を臨む海沿いの道を行く、「ボルボV40 T4 SE」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • 「ボルボV40」に299万円の新たなエントリーモデル登場
    2017.2.2 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「V40」のモデルラインナップに「T2 キネティック」を追加設定し、販売を開始した。299万円という低価格を特徴とし、新たなエントリーグレードとして導入される。
  • アウディ、マイナーチェンジした「A3」を発売 2017.1.26 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年1月26日、マイナーチェンジによりデザインやエンジンのアウトプット、装備の内容を変更した「A3」「S3」を発表し、同日より販売を開始した。
  • ディーゼルの「ボルボV40」にスポーティーな限定車 2017.1.25 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年1月25日、スポーティーな装備を特徴とする特別仕様車「V40 D4 R-DESIGNポールスターエディション」を発表。同日、150台限定で発売した。
  • 「ボルボ・アマゾン」のブルーをまとった「V40」の限定車登場 2017.2.16 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月16日、ショートワゴン「V40」に特別仕様車「アマゾンブルーエディション」を設定し、200台の台数限定で発売した。「ボルボ・アマゾン」をオマージュして設定され、ボディーカラーにはアマゾンの「ライトブルー」が採用された。
ホームへ戻る