トヨタ・アクアG“G’s”(FF/CVT)

「ちょい悪ダウンサイジング」の受け皿 2015.02.20 試乗記 ベストセラーのハイブリッドコンパクトカーをベースに、トヨタ自らスポーティーな味付けを施した「アクア“G’s”」。その走りの実力を試した。

オートサロンで人を呼べる

2013年に続いて14年も、白いナンバーで日本一売れたクルマが「アクア」だった。今や国民車といってもいいくらいのベストセラー車にカフェレーサー風の個性を与えたのが、トヨタ純正のスポーツコンバージョン車「G’s」である。アクアなのに、東京オートサロンでギャラリーを集められるのもこれだ。

専用のスポーツサスペンションを備え、車高は25mmローダウン。ひと目でG’sとわかるブラックマスクのボディーは、補強ブレースの新設やスポット溶接の打点追加などで剛性強化も図られている。
そのほか、昼なお明るいフロントのLEDビームや専用の前後バンパーなどを備え、室内ではアルカンターラを使ったスポーツシート、革巻きのステアリングホイールやシフトノブが目をひく。その一方、パワーユニットに手を加えないのは、現在6モデルを数えるG’sシリーズに共通の特徴だ。うたい文句は「SPORTSCARS for ALL」。“すべての人”のためだから、そこまではハジけないのである。

価格は237万7963円。一番高いフツーのアクア、「Gブラックソフトレザーセレクション」より約34万円高い。

「アクア“G's”」のフロントまわり。専用のバンパーとラジエーターグリルにより、ベース車とは大きく異なるデザインとなっている。
「アクア“G's”」のフロントまわり。専用のバンパーとラジエーターグリルにより、ベース車とは大きく異なるデザインとなっている。
インテリアの各所にメッキやピアノブラック調の加飾があしらわれている。
インテリアの各所にメッキやピアノブラック調の加飾があしらわれている。
ボディーカラーは全7色の設定。テスト車のボディーを飾るデカールやストライプは、いずれも販売店オプション。
ボディーカラーは全7色の設定。テスト車のボディーを飾るデカールやストライプは、いずれも販売店オプション。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る