ボルボV40 T4 SE(FF/6AT)

充実期を迎えたコンパクトボルボ 2015.02.24 試乗記 先進安全・運転支援システム「IntelliSafe10(インテリセーフ・テン)」を全モデル・全グレードで標準装備とするなど、いつになく“攻め”の姿勢を見せるボルボ。発売から2年が経過したベストセラーモデル「V40」にも、これを機会にいろいろ改良の手が入っている。その洗練度合いを確認するために、あらためて「V40 T4 SE」のステアリングを握った。

年が変わるといろいろ変わる

最近では日本車でも導入することが多くなった「イヤーモデル制」。フルモデルチェンジやマイナーチェンジだけでなく、年ごとに改良を加えていくやり方だ。輸入車ではおなじみの儀式で、そのタイミングで仕様や価格を変更することも多いために、導入から2年もたつと走りも装備もコロッと変わっていた……なんてことは日常茶飯事である。

だから、僕たちのようなモータージャーナリストも、新車導入時の試乗会で得た経験でクルマを語るのはとても危険だったりする。マイナーチェンジをしていなくても、最新のモデルに試乗して常に情報をアップデートしておかなくてはならないのだ。ただ、そう思っていても、すべてカバーできないのが悩みのタネなのだが……。

その点、今回の試乗会のように、最新版を確認できる機会はありがたい。カタログに出ていない情報を知ることもできるし……ということでやってきたのがボルボV40の2015年モデル試乗会だ。2013年2月に日本に導入されるや、すぐに日本市場で最も売れているボルボになったV40。僕自身も何度も試乗していてそのキャラクターは理解しているつもりだが、導入から2年でこれだけ変わると、チェックしないわけにはいかないだろう。

「V40 T4 SE」の2015年モデルの見どころは安全運転支援機能のさらなる充実。また、快適性重視のサスペンション設定に変更された。
「V40 T4 SE」の2015年モデルの見どころは安全運転支援機能のさらなる充実。また、快適性重視のサスペンション設定に変更された。
試乗車は「レザー・パッケージ」装着車。シートが本革となるほか、運転席だけでなく助手席も8ウェイの電動調整機能が付く。
試乗車は「レザー・パッケージ」装着車。シートが本革となるほか、運転席だけでなく助手席も8ウェイの電動調整機能が付く。
ボルボV40 T4 SE(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • 「ボルボV40」に299万円の新たなエントリーモデル登場
    2017.2.2 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「V40」のモデルラインナップに「T2 キネティック」を追加設定し、販売を開始した。299万円という低価格を特徴とし、新たなエントリーグレードとして導入される。
  • ディーゼルの「ボルボV40」にスポーティーな限定車 2017.1.25 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年1月25日、スポーティーな装備を特徴とする特別仕様車「V40 D4 R-DESIGNポールスターエディション」を発表。同日、150台限定で発売した。
  • アウディ、マイナーチェンジした「A3」を発売 2017.1.26 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年1月26日、マイナーチェンジによりデザインやエンジンのアウトプット、装備の内容を変更した「A3」「S3」を発表し、同日より販売を開始した。
  • 「ボルボ・アマゾン」のブルーをまとった「V40」の限定車登場 2017.2.16 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月16日、ショートワゴン「V40」に特別仕様車「アマゾンブルーエディション」を設定し、200台の台数限定で発売した。「ボルボ・アマゾン」をオマージュして設定され、ボディーカラーにはアマゾンの「ライトブルー」が採用された。
ホームへ戻る