ボルボV40クロスカントリー T5 AWD(4WD/8AT)

納得の硬派 2015.04.27 試乗記 ボルボのクロスオーバーモデル「V40クロスカントリー T5 AWD」に新たなパワートレインが投入された。その走りは、どう変わったのか? ワインディングロードで試した。

イメージチェンジの成功例

ボルボV40の全高を30mm高くして、フロントグリルも少しタフにして、全体に頼りがいのあるアニキ的な雰囲気に仕立てたのがボルボV40クロスカントリーだ。このアニキに、新しいエンジンとトランスミッションが搭載されたというのが今回のトピックである。
箱根方面で行われた試乗会で、「エコとパワーを両立した」という触れ込みの新パワートレインを試した。

ボルボV40は、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」やメルセデス・ベンツの「Aクラス」などと同じクラスに属する。この手の実用ハッチバック車のなかでは一番きれいな形をしていると思う。インテリジェンスを感じさせながら華やかさも備えるあたり、同じスウェーデン出身のイングリッド・バーグマンを思わせると書いたらホメすぎか。
この“四輪のバーグマン”の魅力を損なうことなく、アニキへのイメチェンを成功させるあたり、デザイナーはいい仕事をしている。

ちなみに、全高は30mm高くなってはいるものの、ドアやボンネット、ルーフなどのボディー外板はボルボV40と変わらない。このあたりは「メルセデス・ベンツGLAクラス」とは異なる。GLAの場合は、プラットフォームこそベースとなったAクラスと共通であるけれど、ボディー外板の多くが新しい。

ボルボ・カー・ジャパン広報によれば、「仮にボディー外板まで新しくしたならば、『ボルボXC40』というモデル名になるはずです」とのこと。なるほど、車高を上げて背を高くしたモデルを「クロスカントリー」、外板を替えたSUVを「XC」と呼ぶのがボルボのルールのようだ。

「ボルボV40クロスカントリー T5 AWD」が日本で発売されたのは、2013年5月のこと。それから2年がたち、パワートレインは新世代のものへと刷新された。
「ボルボV40クロスカントリー T5 AWD」が日本で発売されたのは、2013年5月のこと。それから2年がたち、パワートレインは新世代のものへと刷新された。

ノーマルの「V40」比で、全高は30mm、最低地上高は10mmアップ。全長と全幅は変わらない。


	ノーマルの「V40」比で、全高は30mm、最低地上高は10mmアップ。全長と全幅は変わらない。
“グロッシーブラック仕上げ”のドアミラーは、「V40クロスカントリー」専用のドレスアップアイテム。
“グロッシーブラック仕上げ”のドアミラーは、「V40クロスカントリー」専用のドレスアップアイテム。
「Larenta」と名付けられた、ダークグレーの専用アルミホイール。タイヤは、ブリヂストンの「トランザT001」が組み合わされる。
「Larenta」と名付けられた、ダークグレーの専用アルミホイール。タイヤは、ブリヂストンの「トランザT001」が組み合わされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40クロスカントリーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る