BMW 220iカブリオレ スポーツ(FR/8AT)

楽しめるのも今のうち!? 2015.04.28 試乗記 「BMW 2シリーズ」にソフトトップの「カブリオレ」が登場。手頃なサイズの4座オープン、しかも後輪駆動という、今や希少なモデルの実力を試した。

あれも、これも、2シリーズ

BMWの車名は、理路整然としているように見えて、そうでもない。基本は3ケタ数字の百の位で車格、下2ケタでエンジンの排気量を示すことになっているようだが、モデルバリエーションが増え、ダウンサイジングターボが一般的になった昨今では、例外も数多くある。

例えば、ここで紹介する「220iカブリオレ」には2リッター直列4気筒ターボエンジンが積まれるけれど、それは「328i」や「528i」も同じだ。過給圧などを変えることで、同じ排気量でも異なる最高出力、最大トルクを生み出し、その違いで製品のヒエラルキーを構築している。
さらに2シリーズについては、横置きエンジン前輪駆動と縦置きエンジン後輪駆動という2つのプラットフォームを持ち、それぞれに全く異なるパワートレインが積まれる。「AE86」がいまなお人気の、かつての80系「トヨタ・カローラ/スプリンター」を思い出させるラインナップだ。

BMWは最近、最初の数字が奇数の場合はセダンやハッチバックなどの実用系、偶数はクーペやカブリオレのようなスペシャリティー系という区分けをしつつある。「Z4」や「i8」のようなスポーツカー、「X3」や「X6」などのSUVにもこのルールは適用されている。
だからこそ、2シリーズにハイトワゴンの「アクティブツアラー」が設定されたことや、本国では「グランツアラー」なる3列シート版も登場したというニュースにはいささか戸惑う。しかし、次期「1シリーズ」がアクティブツアラーと同じ前輪駆動になることがうわさされている現状から見れば、駆動方式については、2シリーズ以下はやがて前輪駆動に一本化されるのかもしれない。

もしそうなるなら、目の前にある後輪駆動の2シリーズ カブリオレは数年後には貴重な存在になるかもしれない。そんなことを考えながらドライブすることになった。

「1シリーズ カブリオレ」の後継モデルとして、日本では2015年4月に発売された「2シリーズ カブリオレ」。「2シリーズ」としては「クーペ」「アクティブツアラー」に続く3番目のモデルとなる。
「1シリーズ カブリオレ」の後継モデルとして、日本では2015年4月に発売された「2シリーズ カブリオレ」。「2シリーズ」としては「クーペ」「アクティブツアラー」に続く3番目のモデルとなる。
インテリアの基本的なデザインは「2シリーズ クーペ」と共通。「スポーツ」の場合、内装色は「ブラック」のみで、シートには「ブラック」や「コラール・レッド」など4色が用意される。
インテリアの基本的なデザインは「2シリーズ クーペ」と共通。「スポーツ」の場合、内装色は「ブラック」のみで、シートには「ブラック」や「コラール・レッド」など4色が用意される。
エンジンは最高出力184ps、最大トルク27.5kgmを発生する、2リッター直4直噴ターボのみの設定となっている。
エンジンは最高出力184ps、最大トルク27.5kgmを発生する、2リッター直4直噴ターボのみの設定となっている。
 
BMW 220iカブリオレ スポーツ(FR/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2シリーズ カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る