VW、4WDワゴンのゴルフ オールトラックを発売

2015.07.21 自動車ニュース
フォルクスワーゲン・ゴルフ オールトラック
フォルクスワーゲン・ゴルフ オールトラック

フォルクスワーゲン、4WDワゴン「ゴルフ オールトラック」を発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年7月21日、クロスオーバー4WDのステーションワゴン「ゴルフ オールトラック」を発表し、同日発売した。

最低地上高はベースの「ゴルフヴァリアント」より25mm高い165mm。フロントのアプローチアングルは14.5度、リアのディパーチャーアングルは17.3度と発表されている。
最低地上高はベースの「ゴルフヴァリアント」より25mm高い165mm。フロントのアプローチアングルは14.5度、リアのディパーチャーアングルは17.3度と発表されている。
シート地はファブリックが標準。オプションでレザーを選択することも可能。
シート地はファブリックが標準。オプションでレザーを選択することも可能。
エンジンはゴルフシリーズ初の1.8リッターTSI。JC08モード燃費は14.7km/リッター。
エンジンはゴルフシリーズ初の1.8リッターTSI。JC08モード燃費は14.7km/リッター。
ラゲッジルームの容量は「ゴルフヴァリアント」と同じ605~1620リッター。
ラゲッジルームの容量は「ゴルフヴァリアント」と同じ605~1620リッター。
アンダーガード付きリアバンパーとツインエキゾーストパイプがリアビューを引き締める。
アンダーガード付きリアバンパーとツインエキゾーストパイプがリアビューを引き締める。
フォルクスワーゲン グループ ジャパンの庄司 茂社長と「ゴルフ オールトラック」。
フォルクスワーゲン グループ ジャパンの庄司 茂社長と「ゴルフ オールトラック」。

■オフロードの走破性を強化、シリーズ初の1.8 TSIを搭載

ベースモデルは「ゴルフ」シリーズのステーションワゴン「ゴルフヴァリアント」。外装にはクロムのアクセントパーツや黒いホイールアーチモール、205/55R17サイズのタイヤ、専用デザインのアルミホイールなど、クロスオーバー4WDモデルであることを強調する装飾が与えられている。

ドライブトレインには最新式(第5世代)のハルデックスカップリングを用いた4WDシステム「4MOTION」が備わり、専用サスペンションの装着により、最低地上高はベース車より25mm高い165mmとなるほか、ドライビングプロファイル機能には通常の「ノーマル」「エコ」「スポーツ」「カスタム」に加えて、ベース車にはない「オフロード」モードが追加されている。

このモードは、悪路走行時の走破性と安全性を高めることを目的としたもの。ABSの調整(制動距離を短縮するためにホイールロックの間隔を制御する)やアクセルペダルの特性変更(スロットル特性を変更して緻密にアクセルコントロールする)がなされるほか、ヒルディセントアシスト機構(30km/h以下で下り勾配に差し掛かると、車速が一定になるようブレーキを自動制御する)が作動するようになっている。

エンジンはゴルフシリーズでは初となる1.8リッターのTSI(180ps、28.6kgm)で、これに湿式多板クラッチ式の6段DSGが組み合わされる。

ゴルフ オールトラックの主な標準装備品は以下のとおり。

・Start/Stopシステム、ブレーキエネルギー回生システム(BlueMotion Technology)
・プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(シティーエマージェンシーブレーキ機能付き)
・ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”
・アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付き)
・プロアクティブ・オキュパント・プロテクション
・ポストコリジョンブレーキシステム
・フロントエアバッグ(運転席/助手席)、ニーエアバッグ、サイドエアバッグ(前席/後席)、カーテンエアバッグ
・フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム“Composition Media”
・スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”
・インテリア・アンビエントライト、フットウェルランプ(前席)
・2ゾーン・フルオート・エアコンディショナー
・レザー3本スポーク・マルチファンクション・ステアリングホイール

車両価格は標準グレードの「ゴルフ オールトラックTSI 4MOTION」が347万円で、機能装備が充実した「ゴルフ オールトラックTSI 4MOTIONアップグレードパッケージ」が367万円。標準グレードについては、ベースとなったゴルフヴァリアントの「TSIハイライン」(346万7000円)と同等という、戦略的な価格設定となっている。

これについて、フォルクスワーゲン グループ ジャパンの庄司 茂社長は、「輸入車の4WDモデルの中で、最もお求めやすい価格にすることにこだわり、350万円を切る価格設定にした」と語った。

(webCG)

→「フォルクスワーゲン・ゴルフ オールトラック」の詳しい写真はこちら。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6MT)【試乗記】 2015.10.1 試乗記 280psの高出力エンジンに4WDの駆動方式を組み合わせた「フォルクスワーゲン・ゴルフR」に、6段マニュアルトランスミッション仕様が登場。VWが誇る全天候型ハイパフォーマンスモデルにあえての“人力変速”で乗ることでリポーターが実感したこととは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る