VW、4WDワゴンのゴルフ オールトラックを発売

2015.07.21 自動車ニュース
フォルクスワーゲン・ゴルフ オールトラック
フォルクスワーゲン・ゴルフ オールトラック

フォルクスワーゲン、4WDワゴン「ゴルフ オールトラック」を発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年7月21日、クロスオーバー4WDのステーションワゴン「ゴルフ オールトラック」を発表し、同日発売した。

最低地上高はベースの「ゴルフヴァリアント」より25mm高い165mm。フロントのアプローチアングルは14.5度、リアのディパーチャーアングルは17.3度と発表されている。
最低地上高はベースの「ゴルフヴァリアント」より25mm高い165mm。フロントのアプローチアングルは14.5度、リアのディパーチャーアングルは17.3度と発表されている。
シート地はファブリックが標準。オプションでレザーを選択することも可能。
シート地はファブリックが標準。オプションでレザーを選択することも可能。
エンジンはゴルフシリーズ初の1.8リッターTSI。JC08モード燃費は14.7km/リッター。
エンジンはゴルフシリーズ初の1.8リッターTSI。JC08モード燃費は14.7km/リッター。
ラゲッジルームの容量は「ゴルフヴァリアント」と同じ605~1620リッター。
ラゲッジルームの容量は「ゴルフヴァリアント」と同じ605~1620リッター。
アンダーガード付きリアバンパーとツインエキゾーストパイプがリアビューを引き締める。
アンダーガード付きリアバンパーとツインエキゾーストパイプがリアビューを引き締める。
フォルクスワーゲン グループ ジャパンの庄司 茂社長と「ゴルフ オールトラック」。
フォルクスワーゲン グループ ジャパンの庄司 茂社長と「ゴルフ オールトラック」。

■オフロードの走破性を強化、シリーズ初の1.8 TSIを搭載

ベースモデルは「ゴルフ」シリーズのステーションワゴン「ゴルフヴァリアント」。外装にはクロムのアクセントパーツや黒いホイールアーチモール、205/55R17サイズのタイヤ、専用デザインのアルミホイールなど、クロスオーバー4WDモデルであることを強調する装飾が与えられている。

ドライブトレインには最新式(第5世代)のハルデックスカップリングを用いた4WDシステム「4MOTION」が備わり、専用サスペンションの装着により、最低地上高はベース車より25mm高い165mmとなるほか、ドライビングプロファイル機能には通常の「ノーマル」「エコ」「スポーツ」「カスタム」に加えて、ベース車にはない「オフロード」モードが追加されている。

このモードは、悪路走行時の走破性と安全性を高めることを目的としたもの。ABSの調整(制動距離を短縮するためにホイールロックの間隔を制御する)やアクセルペダルの特性変更(スロットル特性を変更して緻密にアクセルコントロールする)がなされるほか、ヒルディセントアシスト機構(30km/h以下で下り勾配に差し掛かると、車速が一定になるようブレーキを自動制御する)が作動するようになっている。

エンジンはゴルフシリーズでは初となる1.8リッターのTSI(180ps、28.6kgm)で、これに湿式多板クラッチ式の6段DSGが組み合わされる。

ゴルフ オールトラックの主な標準装備品は以下のとおり。

・Start/Stopシステム、ブレーキエネルギー回生システム(BlueMotion Technology)
・プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(シティーエマージェンシーブレーキ機能付き)
・ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”
・アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付き)
・プロアクティブ・オキュパント・プロテクション
・ポストコリジョンブレーキシステム
・フロントエアバッグ(運転席/助手席)、ニーエアバッグ、サイドエアバッグ(前席/後席)、カーテンエアバッグ
・フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム“Composition Media”
・スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”
・インテリア・アンビエントライト、フットウェルランプ(前席)
・2ゾーン・フルオート・エアコンディショナー
・レザー3本スポーク・マルチファンクション・ステアリングホイール

車両価格は標準グレードの「ゴルフ オールトラックTSI 4MOTION」が347万円で、機能装備が充実した「ゴルフ オールトラックTSI 4MOTIONアップグレードパッケージ」が367万円。標準グレードについては、ベースとなったゴルフヴァリアントの「TSIハイライン」(346万7000円)と同等という、戦略的な価格設定となっている。

これについて、フォルクスワーゲン グループ ジャパンの庄司 茂社長は、「輸入車の4WDモデルの中で、最もお求めやすい価格にすることにこだわり、350万円を切る価格設定にした」と語った。

(webCG)

→「フォルクスワーゲン・ゴルフ オールトラック」の詳しい写真はこちら。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る